【韓国】法人等の登記事項証明書発行等に関する業務処理指針一部改正例規(大法院登記例規第1522号)

image_printPrint

法人等の登記事項証明書発行等に関する業務処理指針一部改正例規

1.改正理由
○ 法人登記記録に対する電算化完了で不必要な規定を削除して、個人情報保護のために住民登録番号処理を制限しようとする
2.主要内容
○ 模写電送による謄・抄本の発行手続きに関する規定を削除して、別紙第4号「ファックス商業(法人)登記簿謄・抄本発行申請書」様式を削除しようとする(6. 다.削除など)
○ 「閉鎖登記簿閲覧申請書」申請人欄に申請人の住民登録番号に代えて生年月日を記載するようにする(7. 나.(┐)等)
3.法人等の登記事項証明書発行等に関する業務処理指針一部改正例規
添付のとおり
4.新旧条文対比表
添付のとおり

Download

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

このコンテンツはアクセス制限されています。これより以下の記事は、ログインユーザーのみ閲覧できます。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザー(現在司法書士以外の方の登録は受け付けておりません。)の方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

Author: hasegawa