【韓国】民願申請簡素化のために住民登録口述民願事務の拡大

image_printPrint

20130305_102825
民願申請簡素化のために住民登録口述民願事務の拡大
2013-03-04
広報担当官室

行政安全部は民願申請の簡素化のために実施している住民登録口述民願事務に2013年3月4日から”住民登録転入世帯閲覧申請”など4種を追加して拡大した。
20130305_103240
口述行政サービスは、請願人が邑·面·洞住民センターを訪問して紙申請書を作成する代わりに、民願名、個人情報などについて言葉で申請して電子署名のIMEを使用して電子的に署名するだけで民願を申請することができる制度で、今回①住民登録転入世帯閲覧申請、②訂正(抹消、居住不明登録)申告*、③住民登録申告(申請)遅延理由申告、④転入(国外移住·再登録)申告**の合計4種を口述民願を追加しました。
*訂正(抹消、居住不明登録)申告:本人が口述請願可能
**転入(国外移住·再登録)申告:世帯主本人が口述請願可能

これにより、2010年9月からサ ​​ービスしている住民登録謄·抄本交付申請、住民登録証の紛失など5種*の民願事務まで合わせて計9種の口述民願が可能となった。
*既に施行されている住民登録請願事務(5種):①住民登録謄·抄本の交付申請、②住民登録証発給確認、③住民登録証の再発行申請、④住民票の紛失(撤回申請)、⑤住民登録謄·抄本発給通知サービス(変更、解約)申請

行政安全部リュ・スンヒョン自治制度企画官は”住民登録口述民願申請サービスは、簡単な口述と電子署名で民願を申請することができる便利な制度”と、”今回の口述民願事務の拡大に民願利便性の向上、コストの削減など、行政の効率性を高めることができるだろう”と述べた。
*詳細については、添付された資料を参照してください。
*担当者:住民課事務官ハンヒェナム02-2100-3658

添付資料(略)

【出典】韓国/行政安全部ホームページ
http://www.mopas.go.kr/gpms/ns/mogaha/user/userlayout/bulletin/userBtView.action?userBtBean.bbsSeq=1023451&userBtBean.ctxCd=1012&userBtBean.ctxType=21010002&currentPage=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す