【韓国】大法院は、家族関係証明書4日から無料のオンライン発行

image_printPrint

20130305_094932
[ 2013-03-04 ]
大法院は、家族関係証明書4日から無料のオンライン発行

今後は家族関係証明書を発行するために、別途、住民自治センターや区役所など官公庁を訪問しなくても良い。インターネットですぐに受け取ることができているからだ。 大法院は4日から家族関係登録事項別証明書と除籍謄·抄本のインターネット発給サービスを開始した。電子、家族関係登録システム(http://efamily.scourt.go.kr)に接続すれば無料で関連書類を発給してもらうことができる。ただし、公認認証書がなければならない。

大法院は、ひとまず、平日の午前8時〜午後8時まで、土曜日は午前8時〜午後2時までサービスを提供した後、運用結果とシステムの安定性などを点検し、サービス時間帯を段階的に拡大する予定である。大法院は先に、昨年4月に在外国民の利便性のために外交通商部と協議して公認電子メール方式を利用した家族関係証明書発行サービスを開始した。現在、米国や中国など5カ国27個所の在外公館ではこの方法で証明書を発行することができる。大法院関係者は”忙しい会社員たちに特に役立つものと期待している”とし、 “国民の便宜を増進させることができる制度改善作業を着実にしていく”と述べた。

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=72930&kind=AA&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す