【韓国】ISD 2012年’史上最大’ 58件…韓国も油断できない

image_printPrint

[ 2014-04-21]
ISD 2012年’史上最大’ 58件…韓国も油断できない
法務部最新判定分析

貿易障壁撤廃と投資誘致のために各国家が投資協定と自由貿易協定(FTA)を活発に推進して投資関連紛争も急増している。
特に両者間投資協定(BIT,Bilateral Investment Treaty)とFTA上の紛争解決手続きである‘投資家-国家訴訟(ISD,Investor-State Dispute)’が2012年一年に58件が提起されて最大を記録したと調査された。

専門家たちはISDにまきこまれて敗訴すれば莫大な賠償金と法律費用を払わなければならないのはもちろん政府の国内産業保護・育成政策も大きい打撃を受けることになり法曹界と政府、国内企業らがISDと関連した世界動向に神経を尖らせなければなければならないと指摘する。

法務部が最近発刊した‘投資家-国家訴訟(ISD)最新判定分析’によればISDは1990年代後半から着実に増加して2012年末を基準として公開されたものだけで514件に達すると集計された。
特に2012年一年だけで新しいISDが58件も提起されて歴代最大を記録した。
わが政府も2012年11月外換銀行投資資金回収と関連して米国系私募ファンド ローンスターから史上初めてISDにあった。
ローンスターがわが政府に要求している賠償額は43億ドル(私たちのお金4兆4677億ウォン)に達すると知られている。

20140426_224048
1990年後半から増加傾向… 2012年末まで514件
韓国も米国系私募ファンド ローンスターから初めてISD当該
金銭賠償越えて投資誘致国の立法・政策撤回も要求
提起時は不必要な国力消耗…法曹界など警戒心必要

全世界でISDをただ一度でも経験した国は我が国を含んで全95ヶ国に達する。
アルゼンチンが最も多くて各国投資家から何と52件の提訴にあった。
ベネズエラが34件で後に続いたしエクアドル(23件),メキシコ(21件)順で主に南米国家が多かった。
天然資源開発などと関連して海外投資をたくさん受けるが、不安な政治のためで政府政策が安定的でなくてでこぼこして広がる現象が分析される。

ISDを提起した投資家の国籍を見れば断然世界経済を主導する強大国が多い。
アメリカが123件(24%)で最も多くて、オランダ(50件),英国(30件),ドイツ(27件)順で調査された。
ISD提訴件数が大幅に増加しているのも各国政府には負担だがさらに大きな問題は紛争の形態と争点が過去に比べて精巧で複雑になっているという点だ。
特に古典的な金銭賠償を越えて投資誘致国の産業や消費者保護・育成のための立法や政策を問題にして撤回を要求する場合が増加している。

各国の立法権と政府政策にまで挑戦しているわけだ。
代表的な事例が多国籍タバコ会社であるフィリップモリスだ。
フィリップモリスはオーストラリアとウルグアイ政府の‘タバコ単純包装法案’を問題にしてBITに基づいたISDを国際投資紛争解決センター(ICSID)等に提起した。
タバコ単純包装法はすべてのタバコ会社のタバコの箱デザインを同じようにするようにして各ブランドを象徴する商標と色を使用できないようにしたことで禁煙運動団体などから画期的な規制政策の一つで脚光を浴びている。

オーストラリアとウルグアイ政府が自国国民健康のために推進した政策と法案を自分たちの利益に障害物になるという理由で提訴したわけだ。
フィリップモリスは現在の進行中であるICSID仲裁手続きでタバコ単純包装法案が自分たちの知的財産権を侵害して投資損失をこうむったと主張して法案の撤回を要求している。

キム・チョルス法務部国際法務課長は“以前には主に低開発国家を相手にした金銭的損害賠償がISDの主流をなしたが最近では対象国も多角化されて立法や政策の撤回のような非金銭的損害賠償要求など形態も多様化している”として“敗訴はもちろんISDが提起されることだけでも不必要な国力消耗があることになるだけに政府部署はもちろん法曹界と企業らも警戒心を持って対処していかなければならない”と話した。

法務部は世界各国で進行されるISD事件関連情報を集めて分析した結果を裁判所‘判例公報’のような形式で持続的に関係機関に配布する計画だ。

キム・ジェホン記者nov@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=84044&kind=AD&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

このコンテンツはアクセス制限されています。これより以下の記事は、ログインユーザーのみ閲覧できます。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザー(現在司法書士以外の方の登録は受け付けておりません。)の方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

Author: hasegawa