【韓国】京畿中央地方法務士会水原支部、第36回定期総会開催

image_printPrint

[ 2014-04-17]
京畿中央地方法務士会水原支部、第36回定期総会開催

京畿中央地方法務士会水原支部(支部長ファン・スンス)は16日水原(スウォン)所在マイコンベンション宴会場で京畿中央地方法務士会パン・ヨンギュ会長と会員、チョン・ソンハク大韓法務士協会副協会長など110人が参加した中で第36回定期総会を開催して2013年度決算および2014年度予算(案)を原案のとおり通過させた。

20140421_102816
ファン・スンス支部長が挨拶の言葉をしている。

ファン支部長は2013年度4月1日から2014年4月16日まで水原支部に入会したカン・ヒョンホ法務士など新入会員13人を紹介して祝った。
また、挨拶の言葉を通じて会員たちの苦労を誉めて”会員たちは反目よりは和合、一致した団結が切実な時”と話して”水原(スウォン)市民を相手に法務士は国民と最も近い法律専門家という広報活動を広範囲に広げていくこと”としながら”法務士業務遂行と関連した不便事項、建議事項に常に耳を傾けて実践する姿を見せる”とした。

パン会長とチョン副協会長は祝辞を通じて水原支部の定期総会を祝った。

20140421_103329

引き続き役員改選案を上程、第16代支部長にファン・スンス法務士、副支部長にオ・キホ、ハン・ソクチュン法務士など現執行部を全員一致に選出した。
(水原(スウォン))

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=83993&kind=AE

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す