【韓国】[インタビュー]新任大韓公証人協会長ユ・ウォンギュ弁護士

image_printPrint

[ 2014-04-14]
[インタビュー]新任大韓公証人協会長ユ・ウォンギュ弁護士
“公証人の信頼高め公証人職域拡大最優先課題”
“‘公証人は国家が前面に押し出した証人だ’という話があります。
それだけ公証人の責任が重くて影響力も大きいです。
任期2年の間公証に対する国民の信頼を高められるように全力で取り組んで参ります。

20140414_211607

公証手数料が漠然と高いという誤解なかったら
すべての保証契約書・登記原因証書など公証推進
制度活性化のために‘公証週間’等多様な行事

先月31日大韓公証人協会の新しい協会長に選出されたユ・ウォンギュ(62・司法研修院9期・写真)法務法人広場代表弁護士は公証人に対する公共信頼を高めることが最優先課題だと明らかにした。

我が国に導入されて100年を越えた公証制度がさらに活性化するためには公証人自ら変わるべきだということが彼の持論だ。
公証制度をめぐる誤解と限界も自ら解決しなければならない課題だと強調した。
去る10日ユ新任協会長をソウル、中区(チュング)、南大門路(ナムデムンロ)ある広場の事務室で会って公証制度の現況と問題点、改善法案などを聞いてみた。

彼はまず公証手数料は漠然と高いという誤解が解けることを願った。
実際の公証手数料は国民が考えることほどそんなに高くないと強調した。

“公証手数料が漠然と高いと考える方々が多いが実状はそうではありません。
金銭消費貸借契約の証書作成の場合、価額200万ウォンまでは最小1万1000ウォンの手数料だけ納付すれば良いです。
価額が高まるほど手数料が増額されるが上限額が決まっていて価額が20億ウォンを越えても手数料は300万ウォンを越えることができません。
我が国公証人手数料は日本の2分の1水準で1000万ウォン契約規模の公正証書作成時手数料は3万3000ウォンで公認仲介士法定手数料である6万ウォンより低いです。

公証がローファーム業務に適合しない点も公証制度活性化の限界で聞いた。
“公証はローファーム業務とは合わない部分があります。
事実一部ローファームが公証人認可を返却するのも公証業務がローファーム収入に占める比重が低いためです。
その上公証が活性化すれば紛争が減ってローファームとしては仕事が減るんです。
公証業務で他の事件担当が制限される事例もあってローファームが公証業務にそれほど興味を感じることができないものです。

2010年8月から施行されている電子公証制度も障害が多い。
“公証人が電子書類にデジタル署名をする電子公証も嘱託人が指定公証人の前で文書に署名をする対面認証を原則にするので私署証書に対する公証と差がないです。
嘱託人の立場ではあえて電子公証をする必要がないんです。
このような短所を補完するために協会は嘱託人が直接公証事務所に出席する代わりに映像通話等を通したり指紋認識などに代えられるような方案を検討中です。

たとえ障害物は多いが公証制度活性化のために多様な方案を推進するという計画だ。
まず対国民広報を強化すると強調した。
“2007年から毎年9月23日の前後1週間は公証週間に指定して国民に公証制度を広報しています。
ただし、劣悪な協会予算事情のために多様な広報を試みられないです。
政府に公証制度広報予算支援を要請した状態です。
ラジオコマーシャルやTV放送字幕露出等を通して公証制度を利用すれば紛争を予防できるという点を広く知らしめるようにします。
また、時事教養プログラムや言論インタビュー等を通した広報にも積極的に出るつもりです。

これと共に公証人の職域拡大も推進する。
“すべての保証契約を書面で作成するようにする内容の民法改正案が国会に係属中です。
保証契約の公信力を高めるという趣旨でしょう。
だが、いっそ保証契約書を公証するようにするならばより一層効果があるでしょう。
保証契約書だけでなく登記原因証書や昨年導入された不動産・動産引渡執行証書などと同じ公信力を備えなければならない文書も公証を経れば取引秩序を確立できるだけでなく公証人の職域も拡大するでしょう。
また、不動産登記原因行為の公証義務化、協議離婚など家族法分野と成年後見制度で各種公証制度導入、知的財産権分野での公証制度導入など公証職域拡大のための制度改善に力点を置く予定です。

イム・スンヒョン記者hyun@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?kind=AO&serial=83836&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す