【韓国】年号に関する法律[施行2014.1.7.] [法律第12209号、2014.1.7.,一部改正]

Print Friendly, PDF & Email

年号に関する法律[施行2014.1.7.] [法律第12209号、2014.1.7.,一部改正]

大韓民国の公用(公用)年号(年號)は西暦紀元(西曆紀元)とする。
<改正2014.1.7>

附則<法律第775号、1961.12.2>
①本法は檀紀4295年1月1日から施行する。
②法律第4号年号に関する法律はこれを廃止する。
③本法施行当時の公文書中檀紀と表示された年代は当該檀紀年代から2333年を減じてこれを西暦年代と見なす。
④年代訂正においては公文書訂正に関する他法令の規定にかかわらず、当該公文書の書式に適合するように年代訂正印を使って訂正することができる。

附則<法律第12209号、2014.1.7>
この法は公布した日から施行する。

—–以下は投稿者のメモです。

(改正点)

1.題名 “연호에관한법률”を “연호에 관한 법률”と する。
日本語にすると、「年号に関する法律」を「年号に 関する 法律」とするとなって、表記の変更であって内容の変更ではありません。これは日本語のように分かち書きをしない言語との相違ということになるかと思います。

2.本則を次の通りする。
大韓民国の公用(公用)年号(年號)は西暦紀元(西曆紀元)とする。
改正前
年号に関する法律[施行1962.1.1] [法律第775号、1961.12.2。、廃止制定]においては
本文は、
大韓民国の公用年号は西暦紀元とする。
となっていました。
今回の変更は、括弧書きが追加された点で、内容に変更はありません。
日本語にするとわかりにくいので、原文を掲げておきます。
(改正前)대한민국의 공용연호는 서력기원으로 한다.
(改正後)대한민국의 공용(公用) 연호(年號)는 서력기원(西曆紀元)으로 한다.

改正の趣旨について、法制処による「改正の理由と主な内容」を引用します。

◇改正の理由と主な内容
法治国家の法文は、一般国民が読みやすく、理解して正しく保つことができるようにしなければならないのはもちろんであり、国民の正しい言語生活のための模範にならなければならないですが、私たちの法律文は用語などが難しく理解するのが難しい場合が多く、文の構造も語文(语文)規範に適合しない人々の日常的な言語生活と距離があるという指摘が多い。
これにより題名と法律文の表記をハングル化して分かち書きをハングル正書法等語文規範に合わせてすることで、読みやすく、よく理解でき、国民の言語生活にも合う、法律になるようにしようとするものである。
<法制処提供>

参考に、廃止されています「法律第4号年号に関する法律」を掲載します。
—–
年号に関する法律[実施1948.9.25] [法律第4号、1948.9.25、制定]

大韓民国の公共年号は檀君紀元とする。

附則<法律第4号、1948.9.25>
本法は、公布の日から施行する
—–

【出典】韓国/国家法令情報センター

このコンテンツはアクセス制限されています。これより以下の記事は、ログインユーザーのみ閲覧できます。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザー(現在司法書士以外の方の登録は受け付けておりません。)の方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

Author: hasegawa