【韓国】民事調停期日も’映像’で…刑事’遠隔映像証人尋問’拡大

image_printPrint

民事調停期日も’映像’で…刑事’遠隔映像証人尋問’拡大
大法院、改正民事調停規則・民事訴訟規則・刑事訴訟規則公布

パク・スヨン記者sypark@lawtimes.co.kr 入力:2021-11-01午後2:39:28

来る18日からは民事調停期日も映像裁判形態で進行できることになる。

大法院はこのような内容の改正民事調停規則を先月29日官報に掲載して公布した。施行日は18日であり、規則施行当時法院に係属中である事件に対しても適用される。

173962.jpg

改正規則は民事訴訟の弁論期日と弁論準備期日、尋問期日で映像裁判を許容する内容で民事訴訟法が改正されるに伴い民事訴訟法を準用する民事調停でも’映像調停期日’を開くことができるように必要な事項を規定するために用意された。

改正規則によれば△調停担当判事は相当すると認めるとき、当事者の申請や同意を得てビデオなど中継装置による中継施設を通じたりインターネット画像装置を利用して調停期日を開いて(第6条の2新設) △調停期日他で合意案を導き出したりその他に調停事件の処理のために必要な事務は当事者の意見を聞いてビデオなど中継装置による中継施設を通じたりインターネット画像装置を利用して遂行できる(第6条の3新設)。また△調停担当判事は相当すると認めるとき、当事者の意見を聞いて調停委員をしてビデオなど中継装置による中継施設を通じたりインターネット画像装置を利用して1項の意見を述べるようにすることもできる(第12条2項新設)。

大法院は同日映像裁判の詳しい内容を定める改正民事訴訟規則と改正刑事訴訟規則も公布した。

改正民事訴訟規則は△専門審理委員がビデオなど中継装置による中継施設を通じたりインターネット画像装置を利用して期日に参加できる根拠規定を用意して(第38条の10新設) △ビデオなど中継装置による中継施設を通じたりインターネット画像装置を利用した期日(映像期日)の申請および同意、映像期日の実施、開廷の場所および審理の公開など映像期日に関する基本規定を新設した(第73条の2ないし第73条の4新設)。

また△ビデオなど中継装置による中継施設を通じたりインターネット画像装置を利用した証人尋問に映像期日に関する規定を準用するようにする一方(第95条の2) △証人尋問にもインターネット画像装置を利用することができるようになって鑑定人尋問と差がなくなった点を考慮して準用規定だけ残してビデオなど中継装置による中継施設を通じたりインターネット画像装置を利用した鑑定人尋問と関連した条項は削除した(第103条の2削除)。

改正刑事訴訟規則は△ビデオなど中継装置による中継施設を通した拘束理由の告知など事前聴聞手続きと証人尋問の実施および手続き進行に関し映像公判準備期日に関する条項を準用するようにして(第45条の2 2項、第84条の5 2項) △ビデオなど中継装置による中継施設を通した証人尋問に関する規定を通訳と翻訳にも準用する一方(第90条) △ビデオなど中継装置による中継施設を通じたりインターネット画像装置を利用した映像公判準備期日の実施方法を定める内容(第123条の13)等を含んでいる。

大法院関係者は”改正刑事訴訟法で拘束理由告知など事前聴聞手続きと公判準備期日を映像裁判で進行できる根拠を用意して遠隔映像証人尋問を実施できる範囲を従来より拡大するに伴い、刑事訴訟規則に映像裁判の実施および手続き進行などに関し必要な事項を定めた”と説明した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=173962&kind=AA01

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す