【韓国】’刑事電子訴訟法’公布…金大法院長”国民基本権保護に重要な意味”

image_printPrint

‘刑事電子訴訟法’公布…金大法院長”国民基本権保護に重要な意味”
早ければ2024年施行… “電子複写記録閲覧など法施行前可能な措置積極的に検討”明らかにして

パク・スヨン記者sypark@lawtimes.co.kr 入力:2021-10-19午前11:19:31

早ければ2024年から刑事事件にも電子訴訟が導入されて被告人や弁護人などがいつどこでも記録閲覧などが可能になって防御権保障強化はもちろん刑事司法業務全般の効率性も高まると期待される。

大法院は19日このような内容の’刑事司法手続における電子文書利用等に関する法律(制定法)’が公布されたと明らかにした。この法律は先月28日国会本会議を通過した。

168115.jpg

制定法は紙文書を基盤としている刑事司法手続を電子化することが骨子だ。現在の刑事司法手続は紙記録を土台にするので記録閲覧・コピーなどに不便が多くて被告人などの防御権保障にも脆弱だという指摘が多かった。刑事訴訟を除いた民事・行政など他のすべての訴訟にはすでに電子訴訟が導入されて活発に利用されている。特に民事本案事件の場合、昨年90%が電子訴訟で受付されて裁判がなされた。

キム・ミョンス大法院長はこの日刑事電子訴訟法公布をむかえて発表した声明文を通して”刑事電子訴訟の施行は国民の基本権を最大限保護して司法信頼を向上するのに大変重要な意味を持つ”として期待感を現わした。

キム大法院長は”2011年民事訴訟で本格的に電子訴訟が施行されて10年を迎えたが、電子訴訟比率が毎年急激に上昇していて刑事訴訟を除いた訴訟手続ではもう紙裁判事案を探すのに難しいほど電子訴訟が成功裏に定着した”として”だが、刑事手続では相変らず紙の書類を持って訴訟を進めるほかはなかったが、今回の法律制定で刑事手続でも国民が電子訴訟を通じて紙訴訟による様々な不便を減らすことが出来ることになり法院も国民のための’良い裁判’に符合する条件を備えることができるようになって真にうれしいと考える”と明らかにした。

引き続き”刑事電子訴訟が施行されれば法院はもちろん検事、被告人と弁護人がいつどこでも公判記録にアクセスすることができるようになって公判中心主義と実質的武器対等原則がより一層忠実に具現されて、透明性が大きく強化されるもの”としながら”既存の紙記録による単純・反復業務が画期的に減って私たちの力量を被告人と被害者の手続き的権利を徹底的に保障しながらも実体的真実を発見する’良い裁判’にもっぱら集中できることになるもの”といった。

合わせて”制定法は施行日を公布日から3年以後5年以内と規定しているが、法院行政処が刑事電子訴訟が安定的に施行・運用されるように関連規則など規定を整備して、法院構成員の意見を積極的に取りまとめるだけでなく他の刑事司法業務処理機関とも議論・協力して’良いシステム’を構築するのに最善を尽くす”としながら”電子複写記録閲覧サービスのように法律施行以前でも司法府が自主的に施行できる様々な電子化拡大方案も積極的に検討する”と強調した。

制定法が施行されれば被疑者と被告人、被害者、告訴人、告発人、弁護人などは刑事司法業務処理機関に提出する書類または図面・写真・音声・映像資料などを電算情報処理システムを通じて電子文書で提出できることになる。刑事司法業務処理機関所属公務員は電子文書で作成することが著しく困難であったり適合しない場合などを除いては原則的に刑事司法業務と関連した文書を電子文書で作成しなければならず、電子的送達・通知に同意した使用者などには送達または通知を電算情報処理システムを通じて電子的にできる。令状および裁判の執行に関する特例により検事または司法警察官吏は拘束令状・逮捕令状などを執行する時電子文書を提示したり伝送する方法ですることもできる。

制定法はまた刑事裁判で文字、その他の記号、図面・写真などに対する証拠調査方式と関連して電子文書をモニター、スクリーン等を通して閲覧する方法でできるようにする一方、音声や映像情報に対する証拠調査も電子文書の音声を聴取したり映像を再生する方法にできるようにしている。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=173694&kind=AA

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す