【韓国】‘対面サービス’強化、人工知能時代の重要な生存戦略

image_printPrint

‘対面サービス’強化、人工知能時代の重要な生存戦略
出典:大韓法務士協会「法務士」2019年8月号

法曹界リーガルテック(Legal Tech)現況と法務士

人工知能技術が急速に発展している。生活と産業あちこちに活用される人工知能技術が法曹界で避ける理由はない。私たちもリーガルテックに対する対備を今始めなければならない理由である。リーガルテックの類型と現況から点検してみる。

残念なことには今法務士業界ではリーガルテックに向かった関心や基盤が微弱に見えるという点である。確認すべき点は現在の段階で‘人工知能’というのは特定領域で人間の認知能力の一部を模写する‘弱い人工知能’を意味するということである。現在リーガルテックに適用される人工知能は‘弱い人工知能’中でも低い段階に該当して、すべての知的行為を創造的に学習して人間のように遂行する‘強い人工知能’はまだ開発中であるからリーガルテックには登場することはない状態である。

もちろん、国民の権益を保護する法律サービスには公的役割が大きいということや資格と実力を備えた専門資格者の資質が最優先という点も考慮されなければならない。この点では法務士業界が弁護士業界とは異なり‘人が直接する法律サービス’という部分を相違点として前面に出すこともできるだろう。

しかし時代に遅れをとることだけは防ぐことを願う。AI技術が発展して社会の各領域だけでなく法曹界にも‘強い人工知能’が出現する可能性が高くて、先行獲得効果が大きく作用するデジタル プラットホームの特性を考慮すれば遅れれば遅れるほどグローバル法曹界、また、弁護士業界との格差も広がるだろう。 人工知能の副作用と法務士の特性を浮き彫りにしてリーガル テックをできるだけ排除する方向に向かおうということと構成員の間にリーガルテックに対する詳しい情報や悩み自体が不足したということは次元を異にする問題という意味である。

出典:大韓法務士協会「法務士」2019年8月号

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す