【韓国】憲法裁判所”弁護士試験、ロースクール卒業後5年間5回受験制限合憲”

image_printPrint

憲法裁判所”弁護士試験、ロースクール卒業後5年間5回受験制限合憲”
兵役義務だけ受験制限例外認定規定も違憲審査台上がったが請求人適格なくて’却下’
ソン・ヒョンス記者boysoo@lawtimes.co.kr 入力:2020-09-24午後4:35:15

弁護士試験受験機会をロースクール卒業後5年内5回に制限している弁護士試験法は合憲という憲法裁判所の決定がされてきた。

兵役義務履行だけこのような受験制限の例外理由と認定して、妊娠と出産などは受験限度例外と認定しない条項も違憲審査台に上がって関心が集中したが憲法裁判所は請求人適格がないとし本案判断をしないで却下した。

憲法裁判所は24日”Aさんなどが弁護士試験法第7条1項などは違憲”として出した憲法訴訟事件(2018헌마739)で裁判官全員一致意見でこのように決めた。

736.jpg

弁護士試験法第7条1項と2項は’ロースクール修士号を取得した月の末日から5年内に5回まで弁護士試験を受験できる。

兵役法または、軍人事法にともなう兵役義務を履行する場合、履行期間は5年内5回期間に含まれない’と規定している。

ロースクール卒業生であるAさんなど17人はいわゆる’五落者’で弁護士試験法第7条によりこれ以上弁護士試験に受験できなくなるとすぐに憲法訴訟を出した。

これらは”弁護士試験法第7条は職業選択の自由などを侵害して、兵役義務履行を除いた妊娠・出産・育児などを受験制限の例外と認定しなくて婚姻と家族生活を保護して母性を保護する憲法規定に違反する”と主張した。

憲法裁判所は’5年内5回’制限規定に対しては先立って去る2016年裁判官全員一致意見ですでに同じ条項に対して合憲決定を下したことがあるとし結論を別にする理由がないと明らかにした。

憲法裁判所は当時”弁護士試験に無制限受験することによって発生する人材の浪費、受験人員の累積による試験合格率低下および法学専門大学院の専門的な教育効果消滅などを防止しようとする立法目的が正当だ”として”受験者が資質と能力があることを立証する機会を5年内に5回に制限したことは立法裁量の範囲内にある適切な手段”と明らかにした。

また”現在の合格人員定員が維持されると仮定すれば、将来に弁護士試験累積合格率は法学専門大学院入学者対比75%内外に取りまとめると予想される”として”これを考慮する時この条項が弁護士資格を取得する可能性を過度に制約すると見ることもできない”と説明した。それと共に”ロースクールに入学しても教育を履修できなかったり弁護士試験に合格できない場合、弁護士資格を取得できないという点は制度的に前提になっていて、ロースクール入学者はその内容を知って入学したこと”としながら”職業選択の自由を過度に制約すると見るのも難しい”とした。

憲法裁判所は”このような先例決定があった後のロースクール入学者対比弁護士試験累積合格率も予測範囲から逸脱すると見られない”として”先例の判示理由は妥当で、これとは異なる判断をしなければならない事情変更もない”と明らかにした。

一方憲法裁判所は兵役義務履行だけ受験制限例外と認定したことに対する憲法訴訟に関しては”憲法訴訟審判は公権力の行使または、不行使によって憲法上保障された基本権を侵害受けた者が請求しなければならない”として”Aさんなど請求人は自分たちに関する何の例外理由を釈明しないまま、単に自分たちの職業の自由などを侵害するとだけ主張している”として”例外条項が自分たちの基本権をどのように侵害しているのかどうかに関し最小限の具体的な疎明があると見ることができなくて、この審判請求は基本権侵害の自己関連性要件を備えられなくて却下する”とした。

先立って第20代国会の時である2017年11月イ・ジェジョン共に民主党議員が妊娠や出産で弁護士試験に受験できない場合、試験受験機会を1回さらに付与する内容の弁護士試験法改正案を発議したが任期満了で廃棄された。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=164531&kind=AB01

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す