【韓国】法人登記先例(2013.7.11~2014.1.10)

image_printPrint

法人登記先例(2013.7.11~2014.1.10)

1.社会福祉法人の理事が任期満了または辞任で退任して臨時理事が選任された場合、その理事の退任登記だけを申請することができるかどうか
2.営農組合法人の各登記事項が変更された場合、登記懈怠を理由に過怠事項通知をすることができるかどうか(先例変更)
3.資本金10億未満の株式会社を発起設立した場合、設立登記申請書に添付する書面である発起人の議事録に定款承認件、理事・監査などの調査・報告件などが必ず含まれなければならないのかどうか
4.民法法人取締役の任期に商法の任期制限規定が適用されるのかどうか
5.未決済他店券が表示された残高証明書が有効なのか可否
6.株主に新株発行する場合、法が定めた添付書面
7.申込書の添付書面である法人総会などの議事録が原本でなければならないのかどうか
8.債務超過会社を消滅会社にする吸収合併の許容可否(先例変更)

Download

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す