【韓国】大法院全員合議体宣告全部’オンライン生中継’する

image_printPrint

大法院全員合議体宣告全部’オンライン生中継’する
裁判の透明性強化ために…ユーチューブ、フェイスブック、ネイバーTVなど通じて推進
ソン・ヒョンス記者boysoo@lawtimes.co.kr 入力:2020-08-10午前11:37:33

大法院が早ければ今月からすべての全員合議体宣告をオンラインで生中継する。
裁判の透明性向上のための方案だ。

大法院法院行政処(処長チョ・ジェヨン最高裁判事)は早ければ8月から全員宣告をユーチューブとフェイスブック、ネイバーTVなどオンラインで生中継する方案を推進中だと10日明らかにした。

大法院での弁論に関する規則第7条の2は’誰でも大法院弁論や宣告に対する録音、録画、撮影および中継放送をしようとするときには裁判長の許可を受けなければならない’と定めている。

全合裁判長はキム・ミョンス(61・司法研修院15期)大法院長だ。
キム大法院長は就任以後全教組法外労組通知処分取り消し事件、産業災害死亡者遺族特別採用事件など事件の公開弁論を大法院ホームページとユーチューブを通じてリアルタイム中継を進めたことがある。

また、パク・クネ前大統領とイ・ジェヨン サムスン電子副会長、チェ・スンシル氏国政壟断事件とイ・ジェミョン京畿道(キョンギド)知事の公職選挙法違反事件全合宣告をTVとユーチューブ等を通して生中継することもした。

大法院関係者は”全合宣告生中継推進は裁判透明性に対する大法院長の意思を表現したもの”としながら”撮影装備等の技術的事項を検討していて、早ければ8月全合宣告からユーチューブなどオンライン生中継が可能なように推進中”と説明した。

続けて”大法院は今までホームページに裁判案内コーナーを新設して、公開弁論を生中継するなど裁判の透明性のために努力している”とした。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=163465&kind=AA01

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す