【韓国】法務法人同人・インテルシリコン研究所、’法律人工知能導入’業務協約

image_printPrint

法務法人同人・インテルシリコン研究所、’法律人工知能導入’業務協約
ハン・スヒョン記者shhan@lawtimes.co.kr 入力:2020-04-24

同人がインテルシリコン研究所と手を握ってリーガルテック新事業摸索に出た。
法務法人同人(代表弁護士イ・チョル)とインテルシリコン研究所(代表弁護士イム・ヨンイク)は24日瑞草洞(ソチョドン)法務法人同人大会議室で’法律人工知能導入’業務協約を結んだ。

今回の業務協約を通じて同人は インテルシリコン研究所 の法律人工知能サービスである知能型法律情報システム’ユレックス(U-LEX)’と非対面法律諮問システム’法律メカ(Law-meca)、人工知能契約書分析機’アルファロー(Alpha-law)’を導入する。

最近DT(Digital Transformation)チームを新設して法律サービスと人工知能の接合を模索してきた同人は今回の協約で刑事分野に対する人工知能導入に本格的に展開する予定だ。

協約式に参加したイ・チョル(71・司法研修院5期)同人代表弁護士は”コロナ19の拡散でアンコンタクトサービスが普遍化すると予測される”として”インテルシリコンの学習基盤QAサービスである法律メカ導入で非対面法律諮問を先制的に準備して法律サービスの革新的変化を先導するだろう”と話した。

イム・ヨンイク(50・41期)インテルシリコン代表は”立法追跡マシンと契約分析アルゴリズムの高度化に同人が積み重ねた法律専門性が多いに役に立つこと”としながら”業務協約を契機に法曹界人工知能底辺拡大に力を集める”と明らかにした。

法律人工知能研究所であるインテルシリコンは昨年8月法律人工知能腕自慢大会で人工知能契約書分析システムである’アルファロー(Alpha-law)’を公開して話題になった。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=161133&kind=AN01

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す