【韓国】遠隔映像裁判に関する規則[施行1995.12.26.] [大法院規則第1409号、1995.12.26.,制定]

image_printPrint

遠隔映像裁判に関する規則[施行1995.12.26.] [大法院規則第1409号、1995.12.26.,制定]

第1条(目的)この規則は遠隔映像裁判に関する特例法(以下、法という)による遠隔映像裁判の実施に必要な事項を規定することを目的とする。

第2条(遠隔映像裁判装置)①遠隔映像裁判を行うためには判事が出席する法廷に次の各号の装備を備えなければならない。
1.カラー動画撮影装置3台(その中1台は判事だけを撮影しなければならない)
2.対角線の長さ60センチメートル以上のカラー映像出力装置1台
3.マイクおよびスピーカー
②判事が出席しない法廷には次の各号の装備を備えなければならない。
1.カラー動画撮影装置2台
2.判事の映像だけを映す対角線の長さ100センチメートル以上のカラー映像出力装置1台
3.対角線長さ60センチメートル以上のカラー映像出力装置1台
4.マイクおよびスピーカー

以下全文は下記よりダウンロードできます。

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す