【韓国】’次世代電子訴訟推進団’設置…裁判手続き簡素化・透明性強化

image_printPrint

法院行政処に…事業計画および予算編成・決算準備ために
未来登記推進団も設置して運営
(ソウル=ニュース1)ソ・ミソン記者| 2019-12-26 09:11送稿

ソウル、瑞草洞(ソチョドン)大法院。 (c) News1ソン・ドンフン記者

大法院が’次世代電子訴訟システム構築事業’を効率的に推進するために法院行政処に推進団を設置して運営することにした。

この事業は裁判事務と司法情報公開革新を目標にする。紙基盤の複雑な裁判手続きを簡素化して司法手続き透明性強化のために司法情報公開、非対面訴訟拡大を推進することだ。大法院はこのような内容で最近最高裁判事会議で議決された’次世代電子訴訟推進団設置および運営に関する規則’を26日公布した。

推進団は裁判官である団長と裁判官または4級以上の法院職員である副団長、団員で構成される。次世代電子訴訟事業計画を樹立して関連予算編成および決算準備、事業執行および点検を引き受ける。

団長は必要な場合、裁判官、法院職員または外部専門家に協調を求め、または調査研究を委託することができる。

大法院はまた、最高裁判事会議で’未来登記システム構築事業’推進のための’未来登記推進団設置および運営に関する規則’も議決して公布した。これまた法院行政処に置く。これもまた紙基盤登記業務プロセスと老朽した登記情報システム全面再設計のためのものだ。

団長は裁判官または2級以上の法院職員、副団長は裁判官または4級以上の法院職員とする。

二つの規則はすべて来年1月1日から施行されて2025年6月30日まで効力を持つ。

smith@news1.kr

【出典】韓国/ニュース1
http://news1.kr/articles/?3801755

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す