【韓国】司法分野に人工知能導入の可能性など検討して

image_printPrint

司法政策研究員、’AIと法そして人間’シンポジウム
ソン・ヒョンス記者 boysoo@lawtimes.co.kr 入力:2019-12-18午後6:00:09

司法政策研究員(院長カン・ヒョンジュン)が中央(チュンアン)大人文コンテンツ研究所(所長イ・チャンギュ)、韓国人工知能法学会(会長イ・サンヨン)、AI政策フォーラムと共に18日瑞草洞(ソチョドン)、ソウル法院総合庁舎1階大講堂で’AIと法そして人間’をテーマとしてシンポジウムを開いた。

この日シンポジウムは司法分野の人工知能導入現況と発展の可能性を調べて、人間と司法が人工知能と調和するように発展できる方向を模索した後に人工知能時代に再び人間を見て回る機会を用意しようと用意された。

‘司法、AIに会う’をテーマに進行された1セッションでユ・ビョンギュ(55・22期)サムスンSDS専務は”企業の契約書検討および管理過程で単純反復的な業務を減らして効率性を高める必要があって、人工知能技術を基盤とした業務支援ソリューションを通じて単純業務を自動化して意思決定を支援することによって効率的な業務遂行を可能にすることができる”と明らかにした。

続いて進行された’人間、AIに手を差し出す’セッション発表者のうち1人で出たチョン・キョファイン(47・28期)韓国マイクロソフト代表弁護士は”人工知能技術が成長して革新を主導している”として人工知能による顔認識技術などを紹介した。また責任ある人工知能のための原則として公正と信頼、安全、プライバシー、セキュリティー、包容、透明などの責務を提示した。

マーク コケルボグ(Mark Coeckelbergh)オーストリア ウイーン大学校教授は”人工知能による道徳的・法的責任の主体は技術になれなくて人間になるべきなのにその主体が誰なのか不明で人工知能のアルゴリズムが不透明な問題がある”として人間の監督、技術的安定性、データ管理、透明性、差別禁止、公正性などの人工知能倫理指針を提示した。

司法政策研究員関係者は”人工知能時代到来による人間と人工知能との関係性確立および人工知能と人間との融和の可能性などに対する深い討論の場を用意した”として”今回のシンポジウムが人工知能領域に対する硬い理論的土台形成および相互交流の踏み台になることを願う”と話した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=158182&kind=AA01

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

このコンテンツはアクセス制限されています。これより以下の記事は、ログインユーザーのみ閲覧できます。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザー(現在司法書士以外の方の登録は受け付けておりません。)の方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

Author: hasegawa