【韓国】(AI企画)司法府にAI活用推進、来年から法律AI普及本格化

image_printPrint

最終修正:2019-12-18 14:51:27

チョ・ジェヨン法院行政処長が18日午前ソウル、瑞草区(ソチョグ)、ソウル法院総合庁舎大講堂で開かれたAIと法そして人間シンポジウムで祝辞をしている。 /聯合ニュース

法院が人工知能(AI)を活用した次世代電子訴訟システム構築を推進して司法府にAI技術が活用される展望だ。AI企業らも最近法律AIを活用したサービスを次から次へリリースしたし、企業にAI法律システム供給も本格推進している。これに伴い、国内でも来年に法律AI商用化がより一層加速化すると展望される。

去る8月末、人工知能(AI)と弁護士間の法律諮問対決で開催された’アルファロー腕自慢大会’でもAIが人の2倍程度点数を出して圧倒的な勝利をおさめた。AIが人に勝ったという事実はこれ以上驚くほどの便りではないが、この日の対決ではAI-一般人チームが人弁護士同士が構成したチームに勝って大きな話題となった。

このように国内でも法律AIは商用化段階に入りインテルシリコン研究所・SK C&C・ヘルプミーなど法律AI開発企業が最近AIを活用して一般人対象サービスを提供し始めた。また、現在いくつかの企業らがこれら企業のAI法律システムをテスト中なので来年に製品普及が本格化すると予想される。

◆国内法律AI技術、どこまできたか

▲去る8月末開催された’第1回アルファロー腕自慢大会’はアジアで最初に開催された法律AIと人弁護士の対決で人弁護士9個のチームとAI-弁護士2チーム、AI-一般人1チームなど合計12個のチームが労働契約書諮問を巡り競演を行った。 /司法政策研究員

‘第1回アルファロー自慢大会’はアジアで最初に開催された法律AIと人弁護士の対決で人弁護士9チームとAI-弁護士2チーム、AI-一般人1チームなど合計12個のチームが労働契約書諮問を巡り競演を行った。最終報告作成は人だけができてAIと人の協業で進行された。

AI-弁護士チームが1、2位を占めたのに続きAIと法を知らない物理学専攻一般人が3位を占めたことはAIの契約書分析がそれだけ卓越したものであることを見せる。1位は150点満点に120点を記録したが、AI-一般人チームは107点を受けて13点差に終わった。反面4位を占めた人弁護士チームは61点で46点も差がついた。
20分がかかる賃金計算をAIが6秒後にやり遂げたのが話題になった。

この日対決を行ったAIは国内法律AI代表企業家インテルシリコン研究所が開発した契約書分析法律AIである’アルファロー(Alpha-Law)’だ。インテルシリコン研究所関係者は”AIエキスポ[仮訳者注:2019.7.17~2019.7.19までソウルで開催された博覧会。]のとき初めて公開して1か月後アルファロー腕自慢大会を行って話題になったが、現在いくつかの企業らとテストベッド形態で製品を供給する方案を推進中なので来年に商用化が決定されるもの”としながら”アルファローは弁護士法など話題があって商用化を用心深く接近した”と説明した。

インテレコン研究所はまた、法令・判例検索システムである’ユレックス’と法律Q&Aシステムである’法律メカ’開発を完了して、一般人対象に今年からサービスを始めた。ユレックスのAIエンジンは数百万件の法令、判例情報を学習して日常自然語検索に最適化された法律と判例情報を提供する。法律メカは自然語処理技術を適用して日常用語で質問しても似ていたり関連した返事を提供する。また、利用者の質問を分析して関連問題に返事を提供してきた弁護士を推薦する機能も備えた。

SK C&Cは法律AI分野でステーション3喫茶店[仮訳者注:「喫茶店」は不動産情報アプリの名称。]、法務法人ハンギョルと共に不動産AI分析システムである’アヴリルランド’を共同開発と、最近3社が共同で’不動産AI分析サービス’をオープンした。このサービスはAIが喫茶店に登録された売物件の登記簿謄本と建築物台帳などの権利関係を自動で分析して当該売物件の取引安全等級を確認できるように無料でサービスを提供する。AI分析が不動産売物件の取引安全等級を▲安全▲良好▲安全装置必要など三段階で区分してくれる。

法律AIスタートアップであるヘルプミーは専門弁護士と開発者が力を集めてAIを活用した法人登記自動化総合管理システムを開発、法律書類自動化サービスを提供している。’法人登記ヘルプミー’サービスを去る2016年12月リリースした後、利用者が2万5000顧客を突破した。このサービスは既に複雑な手続きを簡素化させて法人登記に所要する時間だけでなく費用も法務士費用対比30%以上低くした。特に過怠金予防サービスも提供して会社運営過程のうちに発生可能な過怠金問題を事前に解決してくれる。

◆司法府業務にもAI活用推進、今後法律AI展望は

大法院・法院行政処などが司法府業務にAI活用を推進してAI法律が弁護士支援業務を越えて司法府業務を補助する役割まで拡大した。

チョ・ジェヨン法院行政処長は18日司法政策研究院周会で開催された’AIと法、そして人間’カンファレンスで”法院は次世代電子訴訟システム構築事業を推進している”として”次世代電子訴訟は司法情報公開を拡大して国民中心司法サービスを強化して裁判事務に知能型事件管理プラットホームを導入することを目標に進めている”と明らかにした。

次世代電子訴訟では蓄積された既存電子訴訟文書など情報をビッグデータとしてAI技術に活用する。また、知能型統合検索サービスには使用者の質問意図を把握してそれに合う検索結果を提供して、訴訟資料内容を分析して該当事件の類似の判決文を自動で推薦する機能を適用する計画だ。

業界専門家たちは、今は法律AIが検索や分析サービスを提供するのに重点を置いているけれど、今後には特定法執行を予想する予測機能がより一層強化されると展望した。

データ分析サービス企業家アメリカ フィスカルノートのチムファン最高経営者(CEO)は’AIと法、そして人間’カンファレンスで”今後法執行機関にあって確率を予測する方式でAI技術が発展するもの”としながら”株式市場でも市場変化により利益がどのように変わるのか予測する技術が開発されているが、法律もこのように進行されるだろう”と話した。

また、法律AIが活性化するためにはごく少数で提供される判例などデータ公開が先行しなければならないという指摘が多い。インテルシリコン研究所関係者は”現在の下級式判例を全体の1~2%だけ公開されるだけで公開がほとんどならなくなっていて、データ学習が重要なAIを開発するのに限界がある”として”司法年鑑資料に見れば1年に1800万件の事件が起きて600万件の訴訟が発行するのに多くの情報が公開されなければならない”と明らかにした。

チェ・ユンジョン記者( echo@metroseoul.co.kr)
Copyright (c)メトロ新聞& metroseoul.co.kr

【出典】韓国/メトロ新聞
http://www.metroseoul.co.kr/news/newsview?newscd=2019121800153

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す