【韓国】大法院、27日’家族関係英文証明書’発行サービス… 13日’事前説明会’

image_printPrint

電子家族関係登録システムで無料閲覧・発行も
ソン・ヒョンス記者 boysoo@lawtimes.co.kr 入力:2019-12-09午後5:52:56

大法院が27日から’家族関係に関する英文証明書’発行サービスを開始する。
大法院はこれに先立ち13日駐韓外交団を相手に関連説明会を開くことにした。
今回の説明会には100余ヶ国を代表する駐韓外国公館関係者たちが参加する予定だ。大法院は13日午後2時30分外交部とともにソウル、瑞草洞(ソチョドン)大法院庁舎401号大会議室で駐韓外交団対象’家族関係に関する英文証明書’説明会を開催する。

この間、国外就職や留学、国外旅行、未成年者入国審査など外国で家族関係を証明する必要がある場合にも英文証明書が発行されなくて国文家族関係証明書を発給を受けた後に個人費用をかけて証明書を翻訳・公証しなければならなかった。

このために国民に時間的・経済的負担になるだけでなく翻訳される形式が各々だと証明書の信頼度を低くする原因になるという批判が提起されてきた。

これに対し大法院は外交部の協調を求めてパスポート情報を連係した家族関係英文証明書導入に出た。大法院関係者は”家族関係に関する英文証明書は既存国文証明書を単純翻訳したものではなく外国で必要な情報を選別的に含めた完全に新しい単一種類の証明書”と説明した。

英文証明書は来る27日から国内では近くの家族関係登録官署で、外国では在外公館に訪問または郵便申請を通じて発給を受けることができる。大法院電子家族関係登録システム サイト(http://efamily.scourt.go.kr)に接続すればオンライン上で無料で発行されることもできる。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=157923&kind=AA01

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す