【韓国】未来ライフサイクル変える人工知能(AI)技術

image_printPrint

ZDNetコリア、14日フォーシーズンスホテルでATS2019開催

記事入力2019-11-04 17:16:13

去年開催されたATS2018ラウンドテーブル場面

[産業日報]
4次産業革命と共にビッグデータ、事物インターネット、スマートファクトリー、人工知能など関連技術が早く進化している。

この中で特に人工知能は人間の生をどのように変えるのかに対する関心が高い。
ZDNetコリアがこれに対する気がかりなことの解消のために人工知能(AI)がビジネスだけでなく実際の人生に及ぼす影響に対して探求するカンファレンスを開催すると4日明らかにした。

ZDNetコリア(代表キム・ギョンムク)は今月14日ソウル フォーシーズンスホテルでアジアテックサミット2019(ATS 2019)’を開催する。
今回のカンファレンスは’データとアルゴリズムが人生を変える’というテーマでAIの多様な活用事例を紹介する計画だ。

‘ATS2019’では次世代核心技術で大きい期待を集めているAIをもう少し生き生きと紹介して、AIがビジネスだけでなく実際の人生でどんな役割をするのか調べる予定だ。

今回のカンファレンス基調演説はマイクロソフト(MS)アジア太平洋R&Dグループ議長を受け持っているシャオウエンホン博士が引き受ける。MS本社企業副社長(CVP)のシャオウエンホン博士はMSリサーチ アジア所長も兼ねている。MS職制でCVPはサトヤ・ナデラ最高経営者(CEO)と直接疎通する全世界で幾つもない高位職級だ。

シャオウエンホン博士はこの日’AIが導いていくデジタル トランスフォーメーション’というテーマで講演する。アマゾンウェブサービス(AWS)のスビッグディミトロビッチソリューションズアーキテクチャ総括はデジタル トランスフォーメーションの核心動力役割をしている自社マシンラーニング技術に対して紹介する。

技術が実際の人生の現場で幅広く活用されている事例も紹介される。’社会的価値’を重要なアジェンダで前に出したSKテレコムはAIスピーカーをはじめとする多様な技術を通じて人間の生を豊かにさせた事例を共有する。

国内代表的な中堅会社であるマイダスハイチはAI技術を活用した採用革新事例を、韓国オラクルは’新しい方式でデータを見てインサイトを発見すれば人生が変わる’という基調演説を通じて豊かな活用事例を説明する場で行われる展望だ。

午後に進行されるトラックではAI革命の生き生きした現場を経験した多くの演説者が発表を進める。特に人工知能判事をはじめとしてAIで痴呆を予防した事例、視覚障害者マラソンランナーのコンパニオン役割をした事例などが紹介される予定なので多くの関心を集めている。

午後セッションでは特にネイバーとカカオなど国内二大ポータルのAI戦略も共に紹介される。二つの会社は今年に入ってAI技術を活用した多様なビジネス事例が実際の結実にも続いている。この事例を通じてAIが実際のビジネスと人生をどのように変化させているのかに対する理解度を高めることができると期待される。

【出典】韓国/産業日報
http://www.kidd.co.kr/news/211815

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す