【韓国】スキャン提出で電子申請活性化?本人確認制定着が先

image_printPrint

第2回登記制度政策協議会、協会提案案件と議論結果

01
はじめに

電子時代をむかえて大変革を予告している登記制度の未来構想と改善方案に対して法院行政処、大韓法務士協会、大韓弁護士協会の三機関の主な役員陣が一か所に集まって議論する‘登記制度政策協議会’第2回会議が2019.8.27.午前10時大韓法務士協会7階大会議室で開催された。

今回の協議会は去る4.30.法院行政処が主管した第1回登記制度政策協議会に続き二番目に大韓法務士協会で主管して進行された。

当日の協議会にはチェ・ヨンスン大韓法務士協会長が参加して歓迎挨拶をして、法院行政処キム・ウヒョン司法登記局長を含む5人、大韓法務士協会キム・テヨン常勤副協会長を代表とする5人、大韓弁護士協会チョン・ヨンシク第1法制理事を含む4人が参加して各機関が提案した案件に対して議論した。

法院行政処は電子登記申請活性化方案の必要性を提示して2019.8.23.電子出入証制度全面施行にともなう協力および要請をした。大韓法務士協会は電子登記申請活性化方案で議論されるスキャン提出方式制度に対する改善意見と電子出入証監督強化方案を要請したし、数個の不動産を一つの賃貸借契約で締結したとき、現在は共同賃借権登記が許されないでいるところ公示方法用意の必要性を提起して共同賃借権登記の導入を建議した。

本文では私たちの協会で提起した電子登記申請活性化方案と関連して電子申請で導入されるスキャン文書提出方式に対する危険性に対する指摘と意見を中心に調べようと思う。

(以下略、全文は下記からダウンロードできます。)

【出典】韓国/大韓法務士協会「法務士」2019年9月号

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す