【韓国】[2020年予算案]妊娠すれば親環境農産物配達…来年推進される’異色事業’

image_printPrint

[租税日報]イ・ヒジョン記者
報道:2019.08.29 09:00 修正:2019.08.29 09:00

[仮訳者注:下記の記事は、一部のみ日本語仮訳を掲載しています。]

オンライン パスポート申請・登記受付など生活便宜UP!
統合失調症 など低所得精神疾患者治療代支援

d

29日企画財政部が発表した’2020年予算案’によれば政府は来年予算を513兆5000億ウォン規模で編成した。
この予算に基づいて多様な政府支援事業を展開するという方針である。

(中略)

パスポート申請時区庁・視聴(市庁)などを訪問しなければならなかった煩わしさも消える。
既存では無条件に官公庁民願窓口でパスポートを申請しなければならなかったが来年からはパスポート再発行と期間更新申請時オンラインで可能である(事業費6億ウォン)。
ただし新規申請は身元照会システム構築後2021年からオンライン申請が可能でオンラインでパスポートを申請したとしても受領は官公庁を訪問しなければならない。

不動産売買時に数十万ウォンあるいは数百万ウォンの費用がかかる登記システムが全面改編される(事業費131億ウォン)。

現在は不動産所在地管轄登記所で登記申請をするべきなのであるが複雑な登記申請手続きのために法務士に任せることがほとんど。

これに対し政府は来年から2024年まで未来登記システムを構築して不動産所在地管轄と関係なく近い登記所で登記申請が可能で初心者用、専門家用など使用者別オーダーメード型インターネット登記所を実現することにした。

一般人には難しく感じられる司法情報を簡単に接することができるように’対国民司法情報システム’構築に24億ウォンの事業費が投資される。

2020年から2023年まで複雑な訴訟書類提出手続きを簡素化する対国民司法情報システムを構築して判決文、司法統計など司法情報を統合して容易に探してみられるように司法情報を公開してモバイルでも事件照会と資料提出が可能で人工知能チャットボット[仮訳者注:ChatBot、テキストや音声で人間と対話するソフトウエアのこと。]が24時間気になった点を解決する司法統合民願ポータルも構築する予定だ。

(後略)

【出典】韓国/租税日報
http://www.joseilbo.com/news/htmls/2019/08/20190829382961.html

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

このコンテンツはアクセス制限されています。これより以下の記事は、ログインユーザーのみ閲覧できます。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザー(現在司法書士以外の方の登録は受け付けておりません。)の方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

Author: hasegawa