【韓国】”電子時代登記スキャン文書提出方式危険性減らさなければ”

image_printPrint

大韓法務士協会政策協議会登記制度改善方案用意議論
チョン・イチョン記者 発行日2019-08-28

大韓法務士協会は法院行政処と大韓弁護士協会とともに27日ソウル、ノンヒョンドン法務士会館で第2回登記制度政策協議会を開催して登記制度の未来構想と改善方案に対して議論した後記念撮影をしている。 /大韓法務士協会提供

書類偽・変造不動産取引危険露出
電子出入証監督強化方案用意提案
賃貸借契約登記簿公示方法も主張

大韓法務士協会(会長・チェ・ヨンスン)は27日法院行政処と大韓弁護士協会とともに住民便宜と電子時代にふさわしい登記制度の未来構想と改善方案用意に出た。

三機関の主な役員陣はこの日ソウル、ノンヒョンドン法務士会館で第2回登記制度政策協議会を開催して電子時代をむかえて大変革を予告している登記制度の改善方向を議論した。

この日会議は去る4月法院行政処主管で初めての議論を経たのに続き二番目に大韓法務士協会で主管した。
法務士協会は電子登記申請活性化方案に対してスキャン提出方式に対する制度改善と電子出入証監督強化方案用意、共同賃借権公示方案用意などを提案した。

電子登記申請活性化方案の場合、電子申請で導入されるスキャン文書提出方式に対する危険性を指摘してそれに対する代案用意を要求した。
スキャン方式が持っている偽・変造に対する脆弱性、原本でないスキャン文書の流通などによる登記真正性の後退などで不良登記の危険性と不動産取引安全の危険が増加するという点を挙げた。

また、電子出入証全面施行と共に資格者代理人が受任しなかった事件に事務員が関与できないように電子出入証を通した受付行為と申請事件を連係して簡単に監督する方案用意を要求した。

協会は合わせて賃借権登記と関連して共同抵当と同じ共同賃借権を登記することが許されないでいるが、賃貸借契約の実質を不動産登記簿に実現する公示方法も用意されなければなければならないと主張した。

一方この日の会議にはチェ・ヨンスン大韓法務士協会長が参加して歓迎辞をして、法院行政処キム・ウヒョン司法登記局長など関係公務員と大韓弁護士協会チョン・ヨンシク第1法制理事、法務士協会役員などが参加して機関別意見を提示した。

次の会議は大韓弁護士協会主管で来る11月26日開催される予定である。

/チョン・ウィジョン記者jej@kyeongin.com
<著作権者(c)京仁(キョンイン)日報(www.kyeongin.com)無断転載および再配布禁止>

【出典】韓国/京仁日報
http://www.kyeongin.com/main/view.php?key=20190827010009282

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す