【韓国】不動産電子契約目標達成率’底’…活性化無色

image_printPrint

イ・ヒョジ記者 承認2019.08.20 09:01

(世宗(セジョン)=連合インフォマックス)イ・ヒョジ記者=政府が不動産電子契約を増やそうと努めているけれどなかなか活性化しないことが明らかになった。

取り引き当事者が電子契約をするようにする追加誘引策もふさわしくなくて強制する方法も容易でなくて電子契約活性化が停滞するのか憂慮される。

20日国会予算政策処が最近発刊した’2018会計年度決算分析報告書’を見れば昨年不動産電子契約システムを通じて締結された電子取り引きは2万7千759件で目標値19万件対比達成率が14.6%に過ぎなかった。

不動産電子契約システムは情報通信技術(ICT)を利用して紙や印鑑なしでオンライン署名だけで不動産契約を締結してこれを公認された場所に保管する方式である。
2016年ソウル、瑞草区(ソチョグ)で試験適用されて2017年全国拡大施行された。
電子契約が活性化すれば無資格・無登録者の不法仲介行為、契約書偽・変造などを防げて不動産取り引き関連情報を集めてさらに正確な統計も算出することができる。
しかし契約者が税源露出を憂慮して電子契約を敬遠するところに仲介士が電子基盤文書処理になじまなくて拒否感を持っている。

電子契約はシステムに加入した仲介士だけ締結することができるのに昨年末基準として電子契約システム加入率は25.1%に過ぎない。
2017年達成率が6.4%であったのに比較すれば2倍以上高まったわけだが相変らず低調な実績だ。
これに伴い、19万件目標値により編成された予算7億1千600万ウォン中約2億3千万ウォンも不用となった。

締結された電子契約さえも韓国土地住宅公社(LH)、韓国資産管理公社(ケムコ)等公共部門が大多数で民間の電子契約比重は19.4%に過ぎなかった。

国土交通部は電子契約をすれば優待金利を提供したり登記関連法務代行報酬料を割引するなどのインセンティブを提供しているけれど主に買受人に対するインセンティブという指摘である。

予定先は”売渡人と公認仲介士が電子契約に参加するように促して公認仲介士の電子契約会員加入率を高めるなど多角的な活性化方案が必要だ”と話した。

国土部関係者は”売渡人のための税金減免、金融の側面の恩恵などは企画財政部をはじめとする関連機関との共感および協議が必要だ”と話した。
不動産過熱が現れる地域に電子契約を義務化する方案もあるが違憲素地があるという指摘である。

彼は”規制が費用対比便益が大きくてこそ意味があるのに電子契約義務化をすれば取り引き形態が強制されること”としながら”合法的な枠組みでどのように適用できるか苦悩中”と答えた。

hjlee2@yna.co.kr
(終わり)
本記事はインフォマックス金融情報端末で08時58分にサービスされた記事です。
インフォマックス金融情報サービス問い合わせ(398-5209)

著作権者(c)連合インフォマックス無断転載および再配布禁止
イ・ヒョジ記者

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す