【韓国】’未来に向かう人工知能政策’国際学術大会

image_printPrint

ソウル大法科経済研究センター
ホン・スジョン記者soojung@lawtimes.co.kr 入力:2019-08-13午前10:39:42

ソウル大学校法科経済研究センター(センター長コ・ハクス)は23日午前9時ソウル、中区(チュング)、韓国プレスセンター国際会議場で’未来に向かう人工知能政策:私たちはAIを信頼することができるだろうか?’をテーマとして国際学術大会を開催する。

この日行事でコ・ハクスソウル大人工知能政策イニシアチブ共同ディレクターが歓迎辞を、ミン・ウォンギ科学技術情報通信部2次官が祝辞を述べる予定である。

基調演説では△人工知能のガバナンス△政策としての公共契約△人工知能と工程△公正性、説明の可能性そして信頼可能な人工知能△責任ある人工知能の開発などが議論される。

デービッド エーデルマン(R. David Edelman) MIT教授、テオドゥレイマリガン(Deirdre Mulligan) UCバークレー情報大学教授などが発表者に出る。
ソン・ギョンヒ科学技術情報通信部局長、ゲリーチャン(Gary Chan)シンガポール経営大学校教授などが討論を行う予定である。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=155057&kind=AL01

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す