【韓国】法院・法務士・弁護士が共にする登記システムの未来は?

image_printPrint

第1回登記制度政策協議会開催の意味と展望

01
はじめに

去る4.30.大法院庁舎(404号室)で大韓法務士協会、法院行政処、大韓弁護士協会が一か所に集まって第1回登記政策協議会を開催した。この日会議には法院行政処で司法登記局長を代表とする5人、大韓法務士協会で常勤副協会長を代表とする5人、そして大韓弁護士協会で副協会長を代表とする5人が協議会の構成員として参加した。

当日会議では法院行政処で△未来登記システム構築事業など懸案に対する説明があり、大韓法務士協会が提示した△登記の真正性強化のための登記申請人本人確認補助手段用意方案等の制度改善方案などが議論された。

登記制度は電子時代をむかえて大変革をむかえている。大法院が推進する‘未来登記システム’が構築されれば専門資格者にも十分に想像できないほど甚大な影響を及ぼすことは自明である。この日法院行政処と大韓法務士協会、大韓弁護士協会三者が集まって協議会を開催したのもこのような国家登記システム改編を控えて業務遂行当事者団体の意見を取りまとめて協調を求めるためである。

本文では先に法院行政処で提起した案件を検討して私たちの協会で提起した案件に対して紹介して協議会開催の意味と今後の展望に対して調べようと思う。

【出典】韓国/大韓法務士協会「法務士」2019年6月号

こちらの記事もどうぞ:

    None Found
image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す