【韓国】”月を分けて売ります”…ブロックチェーンテック企業’ダイアナ’,人類初の月登記所推進

image_printPrint

ブロックチェーン アイディアで月に対する未来の潜在権所有共有 “月に対する人類の権利強固にすることが目標”
キム・スギョン記者 入力2019-07-25 09:36


▲ダイアナ、月登記所. (c)ダイアナ

全世界で最初に宇宙資産に対するブロックチェーン技術が導入される。
この技術を通じて個人が月を所有することができるようになる展望である。
ブロックチェーンテック企業ダイアナ(diana)はブロックチェーンを活用して月の土地を証票化してこれを取り引きできるディエプ(dApp、脱中央化アプリ)サービスをリリースすると25日明らかにした。

去る20日アポロ11号月着陸50周年をむかえた中でダイアナ側は分散台帳技術(DLT、Distributed Ledger Technology)で月を登記するプロジェクトを推進している。
人類共同遺産である月を一定の大きさで分けて個人たちの所有権を確保するのを骨子とする。
簡単に言って’ブロックチェーン月登記所’を推進すること。

ダイアナ側によれば現在の月はUN条約に基づいて、いかなる国家も所有できない人類共同の遺産として明記されている。
しかし月の莫大な資源を狙った特定国家や企業らの所有権争奪戦がますます熾烈になっている。
各国政府はUN外気圏宇宙法1に反する国内法を先制的に作って競争に飛び込んでいる。
去る2015年アメリカは民間宇宙開発を奨励する’商業的宇宙発射競争力法(CSLCA) 2’を制定して2017年ルクセンブルクは私企業が宇宙で採掘した資源に対して所有権を認める法案を通過させた。

▲ダイアナ、月登記所. (c)ダイアナ

ダイアナ側は”月に対する人類の共同権利を確かにするために集団登記を推進することによって’月は誰のものなのか’に対する解決法を提示しようと思う”として”月登記証明(PoR、Proof of Registry)を通したイドリウムERC-20x基盤、ダイヤ(DIA)トークンを発行する”と説明した。

続けて”ダイアナは月を所有していないために販売するのではなく登記サービスを提供するもの”としながら”したがって登記する人々が月を今直ちに所有するのではないが脱中央化された集団的登記をダイアナ サービスで提供して人々は未来の潜在権所有(Possible Ownership)を持つようになる”と伝えた。

ダイアナは宇宙天体の無所有地に対する集団的参加を引き出してこれをブロックチェーンに刻印させて未来に集団的所有(Collective Ownership)を可能にしようとする社会運動という説明である。

▲ダイアナ、月登記所. (c)ダイアナ

ダイアナ プロジェクトは最近アフリカの色々な国家で不動産と土地にブロックチェーン技術を組み合わせる趣旨と脈絡を共にする。
現在まで開発途上国では力がある者や団体が個人の土地を思いのままに使ったり奪ってきた。
この時、不動産登記や所有権を明確にしておかなかった個人たちは対応無策で土地を奪われなければならない。

これに対しルワンダ政府はマイクロソフト(MS)と協力してブロックチェーン技術を活用した土地登録事業を進めている。
ブロックチェーンの信頼性をベースに土地登録をデジタル化することによって所有権問題を根本的に除去するという計画である。

これと同じようにダイアナ プロジェクトは集団登記を通じて所有権紛争の可能性が大きくなっている月に対する人類の権利を強固にするのを目標にする。
月に対する集団登記はダイアナ登記システムで簡単な手続きを通じて誰でも参加することができる。

月を一定の面積(約9,790m2)で分割して生成された約38.7億のセルのうちで人類が肉眼で見ることができる月の前面に該当する20億個がまず対象である。
参加者は選択した登記領域に自分だけの意味を持つ住所を付与できるし第3者にリアルタイムで譲渡が可能なので恋人または、家族にプレゼントすることもできる。

ダイアナ関係者は”ブロックチェーン基盤の登記サービスは透明で信頼性ある権利保証を通じて今までの土地取引と記録を革新的に変化させる契機になるもの”としながら”ダイアナ プロジェクトは全世界の人が最初に人類の共同遺産である月を平和的に所有するのはもちろん月が日常の関心を引く良い機会になるだろう”と話した。

キム・スギョン記者muse@newdailybiz.co.kr

【出典】韓国/ニューデイリー経済
http://biz.newdaily.co.kr/site/data/html/2019/07/24/2019072400232.html

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す