【韓国】民事訴訟法第642条第7項の利率に関する規定[施行2019.5.21.] [大統領令第29769号、2019.5.21.,廃止]

image_printPrint

民事訴訟法第642条第7項の利率に関する規定
[施行2019.5.21.] [大統領令第29769号、2019.5.21.,廃止]
【制定・改正理由】
[廃止]
◇廃止理由および主要内容
「民事訴訟法」において強制執行手続に関する規定が分離して別途の法律である「民事執行法」が制定されるに伴い、強制執行手続に関する既存「民事訴訟法」の委任による「民事訴訟法第642条第7項の利率に関する規定」は失効されたところ、これを明示的に廃止することによって国民に正確な法令情報を提供しようとするということである。
<法制処提供>

【制定・改正文】
閣僚会議の審議を経た民事訴訟法第642条第7項の利率に関する規定廃止令をここに公布する。
 大統領 ムン・ジェイン (印)
2019年5月21日
  国務総理 イ・ナギョン
 国務委員法務部長官 パク・サンギ

◎大統領令第29769号

民事訴訟法第642条第7項の利率に関する規定廃止令

民事訴訟法第642条第7項の利率に関する規定を廃止する。

附則
この令は公布した日から施行する。

[仮訳者注:廃止前の規定は以下のとおり。]

民事訴訟法第642条第7項の利率に関する規定
[施行1995.4.1.] [大統領令第14559号、1995.3.30.,制定]

民事訴訟法第642条第7項の規定による利率は年2割5分とする。

附則<大統領令第14559号、1995.3.30.>
この令は1995年4月1日から施行する。

【出典】韓国/国家法令情報センター
http://www.law.go.kr/LSW/main.html

こちらの記事もどうぞ:

    None Found
image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す