【韓国】2020学年度法学適性試験(LEET)、27日から願書受付

image_printPrint

7月14日全国9地区で試験… 8月14日成績発表

イ・スンギュ記者soonlee@lawtimes.co.kr 入力:2019-05-16午後3:53:34

ロースクール協議会(理事長キム・スンソック)は来る27日から’2020学年度法学適性試験(LEET)’願書受付を実施する。

LEETはロースクール教育を履修するのに必要な修学能力と法曹人が備えなければならない基本的素養と適性の有無を測定するロースクール入学資格試験である。

試験は7月14日ソウルと水原(スウォン)、釜山(プサン)、大邱(テグ)、光州(クァンジュ)、全州(チョンジュ)、大田(テジョン)、春川(チュンチョン)、済州(チェジュ)など9地区で実施される。
願書受付期間は5月27日午前9時から来月5日午後6時までである。

受験生は法学適性試験ホームページ(http://www.leet.or.kr)を通じて願書を受け付ければ良い。
受験手数料は24万8000ウォンだ。
基礎生活受給者と次上位階層[仮訳者注:「次上位階層」とは、国民基礎生活受給権者(受給権者とみなす者(国民基礎生活保障法第14条の2)を除く)に該当しない層であって所得認定額が大統領令で定める基準以下の層をいう(国民基礎生活保障法第2条第10号)出典:ウィキペディア]など経済的脆弱階層は無料である。

試験範囲は△言語理解(30質問項目) △推理論証(40質問項目) △論述(2質問項目)等3個の分野に分かれる。
成績は来る8月14日発表されて、受験生は法学適性試験ホームページを通じて自身の点数を確認することができる。
一方司法試験廃止で法曹人排出がロースクールに一元化されるに伴い最近3年間LEET受験人員は2016学年度7579人で2017学年8110人、2018学年9400人、2019学年度9740人で毎年増加傾向を見せている。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=153072&kind=AM

こちらの記事もどうぞ:

    None Found
image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す