【韓国】法務士、犯罪被害者支援活動に出る

image_printPrint


協会・警察庁業務協約

強い記者strong@lawtimes.co.kr 入力:2019-04-23午前9:26:29

全国法務士が一線警察署で無料相談等を通して犯罪被害者支援活動に乗り出す。
被害者中心の回復的司法活動が一層強化される展望だ。

大韓法務士協会(協会長チェ・ヨンスン)と警察庁(庁長ミン・カムリョン)は17日ソウル、西大門区(ソデムング)警察庁舍で業務協約を結んで犯罪被害者被害回復および円滑な社会復帰のために協力することにした。

[仮訳者注:文字は「回復的司法活動強化のための業務協約式 2019.4.17. 警察庁 大韓法務士協会」と書かれている。]

協会は全国地方法務士会とともに法務士で構成された支援団を設立する予定である。

支援団所属法務士は全国250個余りの警察署に配置されて犯罪被害者を対象に民事・刑事手続きおよび被害補償などに関する無料相談を提供する。
法務士が一線警察署で被害者支援に出るのは初めてだ。

全国250ヶ所余り警察署に配置
被害補償など無料相談

法務士は△加害者に対する民事訴訟△供託金出金△身辺保護のための改名申請△親権者変更△養育費請求などを支援して被害回復を助ける。

また、法務士の支援活動が事件受任につながる場合には受託料の30%を割り引くことにした。

協約により警察庁は大韓法務士協会所属法務士を選定して各警察署が運営する軽微犯罪審査委員会・善導審査委員会諮問委員などに委嘱することにした。
また、被害者専門担当警察官などを対象に法務士法律実務教育科関連諮問を活性化することにした。

警察署運営する先導審査委員会など
諮問委員活動も

チェ協会長は”刑事司法体系がほとんど加害者中心になされていて本来被害者は社会の関心から遠い場合が多い”として”法務士は公益的法律専門家、生活法律専門家として与えられた社会的責務をつくす”と話した。

ミン庁長は”加害者に対する処罰同様に重要なのが被害者保護”として”犯罪被害者が社会で安全に保護される条件が造成されるように積極的に協力する”と強調した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=152430&kind=AE04

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す