【韓国】成年後見支援本部新しい理事長、ソンジョンニュル法務士協会副会長定期総会で推戴されるようだ

image_printPrint

20130221_094422
[ 2013-02-21 ]
成年後見支援本部新しい理事長、ソンジョンニュル法務士協会副会長定期総会で推戴されるようだ

韓国成年後見支援本部(理事長チェインス)は23日午前10時30分、ソウル・ノンヒョンドン法務士会館7階大会議室で定期総会を開催し新理事長を選任する。新しい理事長にはソンジョンニュル(写真)の大韓法務士協会常勤副協会長が推戴されるものと見られる。また、後見業務遂行で受けた報酬の3%を法人の積立金として納付し、事務総長を新設する内容の定款改正案も審議·議決する。成年後見本部は来月から全5科目に養成教育45時間、補習教育8時間で構成された成年後見人養成教育を本格的に実施する。

イムスンヒョン記者 hyun@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=72520&kind=AE

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す