【韓国】京畿中央地方法務士会水原支部、収容者教化基金伝達

【韓国】京畿中央地方法務士会水原支部、収容者教化基金伝達
image_printPrint

[ 2013-12-09]
京畿中央地方法務士会水原支部、収容者教化基金伝達

【韓国】京畿中央地方法務士会水原支部、収容者教化基金伝達
【韓国】京畿中央地方法務士会水原支部、収容者教化基金伝達

京畿中央地方法務士会水原支部(支部長ファン・スンス)は6日水原(スウォン)拘置所(所長ユスンマン)を訪問して収容者教化基金60万ウォンを伝達した。
‘不遇収容者支援運動’の一環で伝達された教化基金は無縁故不遇収容者等が暖かい冬を過ごすことができるための教化基金に使われることになる。
ファン支部長は”他機関に比べて福祉・後援の疎外階層にある矯正施設支援を一回だけの性質で終えないで持続的に実践する”として”教化基金が収容者に役に立ったら良いだろう”と話した。
京畿中央地方法務士会水原支部は3年間不遇収容者助け合い寄付を支援している。(水原(スウォン))

Copyright (c) The LawTimes All rights reserved.

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=80719&kind=AE

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す