【韓国】大法院、家事訴訟法22年ぶりに全面改正推進

image_printPrint

20130220_181150
[ 2013-02-20 ]
大法院、家事訴訟法22年ぶりに全面改正推進
教授·判事·弁護士などの専門家11人参加改正委員会発足
子供の身分関係児童に独自の訴訟承認案など議論

去る91年に制定され家事訴訟法が22年ぶりに全面改正される見通しだ。
現在、大法院規則の内容のうち、国民の手続き基本権を制限する規定の根拠を法律に格上げし、また子供の身分に関する訴訟は児童にも独自の訴訟権限を付与する案が立法化されるものと見られる。

最高裁は20日、ユンジンス(58)ソウル大法科大学院教授を委員長とする家事訴訟法改正委員会を発足した。委員には、イギョンチュン法院行政処司法支援室長とミンユスクソウル高裁部長判事、ベイングソウル家庭法院部長判事、ギムサンギュ昌原地院部長判事、ノジョンヨン法務省人権構造課長、ギムサムファ女性弁護士協会長、ジョンソンジュソウル大ロースクール教授、ギムサンヨン中央大法科大学院教授、ギムウォンテ忠北大ロースクール教授、ジョギョンエ韓国家庭法律相談所法律構造部長が委嘱された。裁判官と法学教授が4人ずつ、検事や弁護士、外部の人が1人ずつだ。

委員会は、1991年に制定された家訴法を改正して離婚と子育てに関する国民の認識と社会の変化を反映して、家庭法院拡大設置による家庭法院の後見·福祉的機能を支えるという計画だ。 去る91年の裁判上の離婚請求事件数は2万7000人だったが、昨年の4万4000件余りに迫って二倍以上に増加しており、親権や養育権について法廷争いを繰り広げる場合も51件から3100件余り、91件から1989件にそれぞれ大幅に増加した。ソウルに家庭法院1つ、全国に支院5つに過ぎなかった家庭法院の組織は、現在の大​​田と大邱(テグ)、釜山(プサン)、光州(クァンジュ)に追加され、全国5大都市の家庭法院が入り、支院も16個に増加した。

これまで家事訴訟と関連して立法が必要な事項は、法律の改正ではなく、大法院規則の改正により解決してきた。しかし、継承放棄など家事非訟事件で抗告権者を制限したり、裁判所の職権証拠調べと精神鑑定に関する事項は、法律で指定するのが望ましいという指摘があった。委員会は、このように規則的に規定した内容のうち、国民の手続き基本権と見ることができる事項を法律で規定する作業を進行する予定だ。これらの内容をいちいち法に規定するならば条文数が大幅に増加して、新しいシステム構成が必要で全面改正が避けられないというのが法院の説明である。また、委員会は、子どもの身分に影響を与える裁判には子供が独自に訴訟をするできるようにアクセス権を付与する案など新たな内容を追加する案も積極的に検討するものとみられる。

訴訟進行過程で児童の利益を代弁して訴訟に影響を未成年の子供に説明してくれることができる子ども補助人制度の導入も推進で、親権者と養育権者指定時、15歳以上の児童の意見を本質的に聞くようにしている規定にも年齢制限をなくしたり、下げる案が検討されるものと見られる。 養育費支払いや幼児者も、面接交渉の履行などの強制執行が難しい家事訴訟の特性を考慮して、既存の司法強制執行のほかに新しい履行確保の手段を追加する事項も議論される。

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

1 thought on “【韓国】大法院、家事訴訟法22年ぶりに全面改正推進

  1. 大法院ニュースリリース
    http://www.scourt.go.kr/portal/news/NewsViewAction.work?gubun=6&seqnum=830

    大法院、22年ぶりに歌詞訴訟法全面改正推進
    ○大法院法院行政処(法院行政処長チャ・ハンソン)は2013.2.20.(水)歌詞訴訟法全面改正のために学界と実務界の最高権威者で構成された『歌詞訴訟法改正委員会』を発足して、ユン・ジンス ソウル大学校法学専門大学院教授(委員場)等委員11人を改正委員で委嘱した

    推進背景
    1.国民の意識と社会の変化を反映
    ○1991年「歌詞訴訟法」が制定された以後離婚および子供養育と関連した国民の認識と社会の変化を反映して、家庭裁判所の拡大設置にともなう家庭裁判所の後見的、福祉的機能を後押しするために「歌詞訴訟法」の全面改正を推進して
    (以下略)

コメントを残す