【韓国】執行官手数料規則一部改正規則(大法院規則第2497号)

image_printPrint

大法院規則第2497号
執行官手数料規則一部改正規則

1.改正理由
電子訴訟事件の執行官送達で発生する電子文書出力費用を保全する必要がある
執行記録の閲覧等手数料を裁判記録閲覧手数料の体系に合わせて複写手数料に関する規定を新設して、長期間調整されない手数料金額を調整する必要がある
手数料を算定する時100ウォン単位未満金額は計算しなくて、複写が閲覧と同時に又は閲覧後即時される時には閲覧手数料を別に計算しない規定を新設して他の手数料算定例と均衡を合わせようとする

2.主要内容
執行官が支給される費用のうちに「民事訴訟等での電子文書利用等に関する法律」第12条の電子文書出力費用を追加して、出力費用は1枚ごとに50ウォンとする(第20条第13号新設)
閲覧手数料、謄・抄本手数料及びその他の証明手数料を引き上げて複写手数料に関する規定は新設する(第23条第1項)
手数料を算定する時100ウォン単位未満金額は計算しなくて、複写が閲覧と同時に又は閲覧後即時される時には閲覧手数料を別に計算しない(第23条第2項新設)

3.
施行日:この規則は2013年12月1日から施行する。

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す