【韓国】本人署名事実確認書発行手数料50%引き下げ

image_printPrint

2013-10-08
本人署名事実確認書発行手数料50%引き下げ

1通300ウォン…制度定着ために2015年まで一時運営

印鑑証明書と同じ効力を持つ本人署名事実確認書の発行手数料が2015年まで1通600ウォンから300ウォンに50%引き下げされる。
安全行政府は本人署名事実確認書の一時的な発行手数料引き下げを主要内容にする本人署名事実確認などに関する法律施行令一部改正案が8日閣僚会議を通過したと明らかにした。
今回の措置は昨年12月1日から施行されている本人署名事実確認制度を早く定着させるための方案だ。

本人署名事実確認制度は公・私的取引関係で本人の意思を確認する手段で活用された印鑑証明制度を時代の流れに合うように改善するために昨年12月1日から導入された。
だが、国民が100年間余り日常生活で本人意思表示の手段で印鑑証明書を利用してきており新しい制度の定着に困難があった。
特に、財産権行使のような敏感な部分は印鑑で取り引きする文化がまだ私たちの社会全般に通用していてより一層本人署名事実確認制度の定着に困難を経験していることが事実だ。

これに対し安全行政府は2015年まで一時的に本人署名事実確認書の発行手数料を50%低くしてこの制度が国民の生活の中で入り込むようにする方針だ。
一方、今回の改正案には国内居所申告者が本人署名事実確認書発行を申し込む場合、国内居所申告証だけ提出しても身分確認ができるように簡便化した。
既存では内国人・外国国籍同胞・登録外国人の場合、住民登録証や外国人登録証のような一つの身分証だけで身分確認をするが、国内居所申告者は国内居所申告証とパスポートまで提出するため不満を買ってきた。

キム・キス安全行政府自治制度政策官は“今回の施行令改正は制度施行以後これまでの不備点を補完して安定した制度運営と利用率向上のためのもの”としながら“印鑑証明制度と選択的に活用されている本人署名事実確認制度が国民の間でより多く活用されるように最善の努力をつくすだろう”と明らかにした。

パクグミ記者[pgm@newshankuk.com]

【出典】韓国/ニュース韓国
http://www.newshankuk.com/news/content.asp?fs=1&ss=1&news_idx=201310081539401835

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す