【韓国】”家事調停センター・面接交渉センター設置必要”

image_printPrint

[ 2013-09-25]
“家事調停センター・面接交渉センター設置必要”
司法政策諮問委、家庭法院機能拡大建議文採択

今後家庭法院が事件初期から当事者の環境を検討してオーダーメード型手続きを選別して、家事調整専門性を高めるなど後見的機能をより一層強化する展望だ。
大法院司法政策諮問委員会(委員長オ・ヨンチョン ソウル大総長)は25日ソウル、瑞草洞(ソチョドン)大法院で3次会議を開いてこのような内容を入れた建議文を採択した。

委員会は建議文を通じて”今まで家事裁判は当事者の善し悪しを審判するのに重点を置いて根本的な解決策を提示できなかったし、家族解体にまともに対応できなかった”として”家庭法院の後見的・福祉的機能を活性化する裁判手続きを模索する必要がある”と明らかにした。
現行制度で家庭法院の福祉機能は家事調査官が裁判長の命を受けて義務履行状態を点検・勧告したり、当事者または、事件関係人の家庭その他の周囲環境を調整する水準に留まっている。

家庭法院が円満な福祉サービスを提供するためには事件受付直後に包括的な家庭環境調査や評価が必要なのに事件受付初期にこのような手続きが進行されることができないという指摘があった。
委員会は家庭法院が事件の初期に介入して事件の以後進行手続きを選別することによって事件を効率的に処理することができるように制度的・物的支援をしなければなければならないと助言した。

大法院によればこのような制度活性化のために必要な専門調査官数は174人だが、現在の全国家庭法院の専門調査官は72人に過ぎなくて調査官増員が避けられないものと見られる。
委員会はまた、家事事件調整活性化のために常任調停委院制度を導入して家事調停人材の専務性と独立性を確保してこれを後押しするための’家事調停センター’を設置する必要があると助言した。
民事事件ではすでに調整センターが運営されている。

大法院関係者は”家庭法院が初期に当事者のための手続きを選別して調停委院の専門性を確保するならば家事事件でも調整が活性化するのに多いに役に立つことができると見る”と話した。
‘面接交渉センター’を設置してその間面接交渉がまともになされなかった当事者に場所と機会を提供して、正しい面接交渉が進行されるように教育機会を提供しなければならないという内容も建議文に入れた。
反面去る会議で議論した’問題解決法院’導入はもう少し慎重に検討される必要があるということに意見が集まった。

委員会はただし保護観察や犯罪予防など類似の業務を掌握している他の機関と業務重複にともなう問題が発生する可能性があるという点を考慮して一般刑事事件を除いて家庭法院で処理できる制度を拡大適用することにした。
現在の少年法と家庭暴力犯罪の処罰などに関する特例法は薬物中毒青少年やアルコール中毒に関連した家庭暴力事件と関連して家庭法院が刑事上保護観察とは別個で治療委託保護処分を下せる制度を置いている。

この日委員会は成功的な法曹一元化定着方案に対しても議論したが結論を下すことはなかった。
委員は法曹環境の現実的な問題を考慮して裁判官任用の最小法曹経歴要件を緩和する必要があるという点に概して共感したと伝えられた。
ただし法曹経歴が緩和されるのにともなう副作用を減らすために弁論事件単独判事経歴を強化する必要があるという意見が提示された。
委員会は来月24日開かれる第4次会議でこの問題に対して追加議論した後改善案を用意する方針だ。
また、上告審制度改善に関する議題も扱う予定だ。

チュァ・ヨンギル記者jyg97@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=78633&kind=AA&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

このコンテンツはアクセス制限されています。これより以下の記事は、ログインユーザーのみ閲覧できます。ユーザーの方はログインしてください。新規ユーザー(現在司法書士以外の方の登録は受け付けておりません。)の方は以下のフォームから登録を行ってください。

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

Author: hasegawa