【韓国】統一されれば北政権強制収用ある土地どのように処理されるだろうか

【韓国】統一されれば北政権強制収用ある土地どのように処理されるだろうか
image_printPrint
【韓国】統一されれば北政権強制収用ある土地どのように処理されるだろうか
【韓国】統一されれば北政権強制収用ある土地どのように処理されるだろうか

[2013-09-17]
統一されれば北政権強制収用ある土地どのように処理されるだろうか
憲法裁判所、’統一過程の憲法的問題’国際学術大会
“原則的に元所有者に還元…例外的に共同受け入れ”
“原状回復する場合途方もない財産権紛争発生”反論も
“資本主義適応まで北住民財産権一時的制限必要”

“統一になれば北朝鮮政権が強制的に受け入れた土地はどのように処理しなければならないでしょうか。
元所有者に戻すことが財産権を保護することかもしれないが既存法秩序に混乱を起こすことになる時には公用収用で処理して損害を補償するのも方法です。”
憲法裁判研究院(院長キム・ムンヒョン)が12日憲法裁判所創立25周年をむかえて開催した’統一過程の憲法的問題’学術大会でホ・ワン中憲法裁判研究員責任研究官はドイツ統一過程の事例を挙げてこのように話した。

ドイツでは統一過程でソ連と東ドイツ政権が没収した財産権回復問題が提起された。
1990年東・西ドイツ政府は東ドイツ地域の財産問題を規律するために共同で未解決財産問題の処理原則を発表した。
東ドイツ政府が没収した財産は原則的に原状回復をするが、原状回復が不可能な時には例外的に補償を支給した。
このような内容は統一条約の一部になったし、西独の基本法改正で統一条約条項が有効だという内容を追加した。
この過程で土地原状回復をしなくても良いという統一条約は違憲という主張が提起された。
だが、連邦憲法裁判所は”財産権の受け入れに対する補償の方法と基準に対して特に広範囲な立法形成権が認められるので必ず受容された土地が原状回復されなくても財産権の核心領域が侵害されたと見ることはできない”と判決した。

ホ研究官は”財産権を保障した私たちの憲法第23条に照らしてみれば私立学校を受け入れてずっと学校で使うように元所有者が明確で原状回復になっても既存法秩序に混乱を起こさない時には元所有者名義で土地を戻さなければならないが、そうではない時にはドイツのように原状回復を原則に据えながら時には公用収用で処理して損害を補償しなければならないだろう”と話した。
彼は”土地財産権を含んだ私有財産権に基づいた資本主義に北朝鮮住民が適応することができるように教育と訓練が必要で、北朝鮮住民が資本主義に適応する前には北朝鮮住民の財産権を一時的に制限する必要もある”と付け加えた。

チャン・ソヨン法務部統一法制課検事は討論で”受容された土地所有権を原状回復を原則にすることになるならばドイツの事例で見るようにばく大な量の財産権紛争が起きることになる”として”分断後60年が経過しながら形成された法的平和と安定性を考慮するならば原状回復を原則ですることは無理ではないかという気がする”という意見を出した。

クォン・ヒョンド公州(コンジュ)大法学科副教授は”ドイツ基本法が統一に対して開放性を有していた反面私たちの憲法は領土条項が存在するなど韓国主導の統一を方法論的に相当部分制限しているという点を考慮する必要がある”という意見を出した。
この日学術大会にはパク・ハンチョル憲法裁判所長と黄教案法務部長官、チャン・ミョンボン北朝鮮法筵区会長が参加して祝辞を述べたし、パク・ジョンウォン国民大法大教授が’南北合意書の憲法的問題’を、イ・ヒョウォン ソウル大法学専門大学院教授が’北朝鮮住民の基本権保障と北朝鮮人権法の主な争点’を主題で発表した。

チュァ・ヨンギル記者jyg97@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=78426&kind=AB&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す