【韓国】家でも仮差押申請する

大法院は16日から仮差押、仮処分等申請事件でも電子訴訟を拡大施行すると13日明らかにした。
image_printPrint
大法院は16日から仮差押、仮処分等申請事件でも電子訴訟を拡大施行すると13日明らかにした。
大法院は16日から仮差押、仮処分等申請事件でも電子訴訟を拡大施行すると13日明らかにした。

[ 2013-09-16 ]
家でも仮差押申請する
電子訴訟、申請事件にまで拡大し
、リアルタイムのイベントの進行状況を把握

大法院は16日から仮差押、仮処分等申請事件でも電子訴訟を拡大施行すると13日明らかにした。申請事件で、電子訴訟が施行されれば当事者は電子訴訟のホームページ(http://ecfs.scourt.go.kr)を介して訴訟を出して、リアルタイムで自分の事件の進行状況を把握することができ、訴訟文書を閲覧することができます。

送達·決定の通知を電子文書で受け取ることができるようになって、法院を行き来する時間を短縮することができる。インターネット登記所や保証保険会社などと連携して不動産登記簿謄本、保証保険証券、登録·免許税納付済証などの資料の提出の手続きも省略される。

大法院は、2010年4月に特許電子訴訟サービスを開始した後、過去3年間民事·家事·行政分野等本案事件で、電子訴訟サービスを提供してきた。 大法院は、申請の電子訴訟業務設計のための11ヶ月の間、裁判官と職員32人を投入して、外注開発人材840人を投入してプログラムの構築を完了したと説明した。また、サービスの開始に先立ち、全国の法院申請法院にLED方式の大型モニターを補給して、書類などを電子文書として作成できるように高速スキャナなどの機器を普及させた。11月には郵政事業本部と電子送達サービス(e-Post)を拡大適用する予定である。

ユンソンシク大法院広報官は、”現在の民事本案の中で毎年45万件程度が電子訴訟に入ってきており、年間数千万ページに達する書類流通コストと交通量を減らすことができる”とし、”申請事件が年間80万件程度入っており、申請事件でも電子訴訟が定着すれば、年間の電子訴訟100万件の時代が到来するだろう”と述べた。

ホンセミ記者 sayme@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=78419&kind=AA&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す