【韓国】電子政府法施行令の一部改正令案立法予告

image_printPrint

電子政府法施行令の一部改正令案立法予告

安全行政部発表第2013-176号
電子政府法施行令を改正するにあたり、国民に通知し、これに対する意見を聞こうと、その改正の趣旨と主な内容を”行政手続法”第41条の規定により、次のように発表しています。 2013年8月12日 、安全行政部長官

電子政府法施行令の一部改正令案立法予告
1.改正の趣旨
国民の便宜向上のために、大法院が保有している家族関係登録情報に関する行政情報の共同利用が可能なように、法的根拠を用意して、電子政府の輸出競争力の強化と海外市場開拓活動のための協力体制の構築およびその他現行規定の運営上現れた一部の不備点を改善•補完しようとするものである。

2.主な内容
가.家族関係登録情報の共同利用(法第43条)○家族関係証明書等を別途添付し、または提出しなければならない証明書の発行などに関する苦情処理のために最高裁判所が保有して家族関係登録情報についての共同利用対象行政情報として規定すること。
나.電子政府の輸出関連協力体制の構築(案第85条)○従来は、電子政府の国際協力に限定されて輸出競争力強化のための活動が不十分なため、積極的な電子政府の輸出競争力の向上と海外市場開拓活動を可能にする関連企業サポート機関・団体との協力体制の構築などを明示する。
다.申請者の本人確認方法の整備(案第12条)○従来は、申請者の本人確認をするために”情報通信網利用促進及び情報保護に関する法律”に基づく住民番号のほか会員登録の方法を使用したが、 “個人情報保護法”が制定(’11 .3.29)されたことにより同法第24条第2項の規定による方法にするように変更する。
라.他の法律の制定・改正に伴う用語の変更(案別表3)○”国家技術資格法”の改正により、監理院の資格基準のうち”情報処理職務分野”を”情報技術中職務分野”に変更等、いくつかの用語を変更する。

3.意見提出
가.改正(案)に対する意見のある機関・団体または個人は、2013年9月23日(月)までに、次の事項を記載した意見書を安全行政部長官(参照:電子政府政策課長)に提出してください。
나.立法予告事項に対する項目別意見(賛否かどうかとその理由)
다.氏名(機関•団体である場合には、機関・団体名と代表者氏名)、住所、電話番号
提出する場所:安全行政電子政府の政策課
○電話:02-2100-3529(FAX:02-2100-4198)
○住所:ソウル市鍾路区世宗大路209政府ソウル庁舎305号(郵便番号110-760)
○E- mail:lej411@mospa.go.krまたはlej67411@korea.kr

【出典】韓国/安全行政部ホームページ/行政情報/法令情報/立法予告
http://www.mospa.go.kr/gpms/ns/mogaha/user/userlayout/bulletin/userBtView.action?userBtBean.bbsSeq=1040271&userBtBean.ctxCd=1007&userBtBean.ctxType=21010005&currentPage=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す