【韓国】[インタビュー]韓国の法律の扶助制度を学ぶ中島菜穂さん

image_printPrint

20130214_091937

[ 2013-02-14 ]
[インタビュー]韓国の法律の扶助制度を学ぶ中島菜穂さん
“個人再生·破産総合支援センター印象的”

“韓国の法律扶助公団に勤務をしながら、”法テラスもよかった”と感じた点を入念に記録しています。”

法律扶助公団(理事長ファンソンテ)に派遣されて勤務している日本司法支援センター”法テラス(法Terrace ) “所属中島菜穂(36·女·中嶋菜·写真)氏は、”法律の救助公団と法テラスは似ているようして、他の点も多い”と述べた。

日本の法テラスは庶民に法律サービスを提供する司法支援機関として、我々の法律救助公団と同じような役割をする。 法律扶助公団は2009年11月6日法テラスと覚書を締結して1年に1人ずつ交互に職員を派遣して、法律の扶助制度に関する情報を交流している。扶助公団は2011年6月1日スタッフ1人を法テラスに6ヶ月間派遣して日本の司法支援制度を学んできた。

法テラスは、昨年10月に6年目のキャリアに法律支援行政に明るい中島さん韓国に送った。大学で法学を専攻した彼女は、2006年法テラスに入社し、犯罪被害者支援などの行政業務を引き受けたが、今は東京本部で人事業務を担当している。法律扶助公団-法テラス、毎年1人交互に派遣 法律支援のノウハウは韓国が日本よりも多く中島さんは数日前に韓国アイドルグループスーパージュニアのファンサイン会を行ってくるほど熱血ファンである。特に東海を好む。韓国語も水準級なので梶谷剛(梶谷刚)、日本司法支援センター理事長が韓国を訪問したとき補佐した。 中島さんは毎月法テラスでは、ありませんが、法律の扶助公団でよく運営される制度をレポートとして作成出す。彼女は国内結婚移民者と多文化家族の安定した定着のために、国内の法秩序を教える扶助公団の法文化教育センターを羨望した。

“日本にはないんですよ。このようなプログラムを導入すると、従業員が法律援助をするとき、多くの助けになるようです。” “個人再生·破産総合支援センター”も印象深い制度に選んだ。”包括的な法律支援業務はもちろんのこと、金融疎外階層に特化した法律サービスを提供する点が好き見えました。” 法律の扶助公団は雇用労働部·信用回復委員会など様々な機関と連携して金融疎外階層を相手に無料の法律の構造はもちろん、信用回復·就職支援·財務設計などをワンストップサービスで提供している。 中島さんは、 “広報と行政業務も多くの努力を傾けることも目立った途方もない制度がなくても機関の詳細な生活がうまく運営される法律支援がより活性化されることができるということを改めて感じた”と付け加えた。

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=72269&kind=AD&page=1

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す