【韓国】大金不要前・家賃…改正賃貸借保護法13日施行

【韓国】大金不要前・家賃…改正賃貸借保護法13日施行
image_printPrint
【韓国】大金不要前・家賃…改正賃貸借保護法13日施行
【韓国】大金不要前・家賃…改正賃貸借保護法13日施行

[ 2013-08-12]
大金不要前・家賃…改正賃貸借保護法13日施行
賃借人権利強化… 23~27日金利3~4%最大3億ウォン貸し出し商品も発売
来年から’家賃転換率’韓国銀行基準金利と連動なども施行予定

今後は住宅や商店街賃借人が持っている優先返済権が保証金返還債権を譲り受けた銀行など金融機関にもそのまま継承される。
これに伴い、保証金返還債権の担保力が強くなって金融機関が元金回収に対する不安感を取り払えるために賃借人が保証金返還債権を担保であらかじめ銀行で住宅保証金などを借りることも容易になる。

‘大金不要賃貸’の夢を実現できる条件が用意されたのだ。
法務部は12日このような内容を骨子とする改正住宅賃貸借保護法と商店街建物賃貸借保護法が13日からそれぞれ施行されると明らかにした。
改正法はまず保証金をまず返済受けることができる権利を賃借人から保証金返還債権を譲り受けた金融機関まで拡大した。

これまで金融機関は賃借人の優先返済権を継承できなくて元金損失を憂慮して保証金返還債権を担保として貸し出しするのに消極的な態度を取ってきた。
だが、改正法施行で保証金返還債権の担保価値が大きく上昇されて賃借人がこれを担保で足りない住宅保証金などを銀行で融通して使いやすくなるものと見られる。
私たちの・国民・ハナ・新韓・企業銀行と農協など市中6個の銀行も改正法施行に歩調をそろえて来る23~27日間最大3億ウォンを限度で3%後半~4%序盤台の低金利貸し出し商品を発売する予定だ。

改正法はただし賃借人の安定した住居権保障のために保証金返還債権を譲り受けた金融機関が賃貸借期間中には貸し出し金回収などのために賃借人の契約解約権を代わりに行使できないようにした。
建物主に対して商店街賃貸借契約の義務的更新を要求できる’更新要求権’もこれからは保証金金額(ソウル基準3億ウォン以下など)に関係なくすべての賃借人が行使することができるようになって5年の間は安定的に営業できる土台が用意された。

商店街賃貸人の賃貸借更新拒絶範囲も縮小される。
既存では賃貸人が撤去や再建築をするとだけすれば制限なしで賃借人の契約更新要求を断ったが、これからは撤去や再建築に対する事前告示があったり安全事故の憂慮などにともなう撤去・再建築である場合にのみ契約更新を断ることができる。

改正法はまた△住宅賃貸借契約前に町役場など確定日時付与機関に該当住宅に対する先順位確定日時を受けた人がいるのか、保証金や家賃はいくらなのか等の情報を提供することを要請することができるようにする一方△保証金の家賃転換率上限を韓国銀行基準金利と連動されるようにして△商店街小額賃借人が最優先返済を受けることができる金額の上限を商店街建物価額の3分の1から2分の1まで上向くと同時に△中小企業が職員用住宅を寄宿用で賃借りする場合にも住宅賃貸借保護法の保護を受けられるようにした。

ただし、これら4種類改正内容は施行令改正など後続措置が必要で来年1月1日から施行される。
チャン・ヨンソプ法務部法務審議官は”住宅と商店街賃貸借市場動向と関連統計を綿密に分析して最優先返済金を保証されることができる小額賃借人の範囲を拡大するなど賃借人保護のための改善事項をずっと発掘していく”と話した。

オンラインニュースチーム

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=77562&kind=AD&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す