【韓国】公認証明書許可制から登録制に転換…競争時代

【韓国】公認証明書許可制で登録制に転換…競争時代
image_printPrint
【韓国】公認証明書許可制から登録制に転換…競争時代
【韓国】公認証明書許可制から登録制に転換…競争時代

公認証明書許可制から登録制に転換…競争時代(総合)

20130815_235203

チョン・ホンウォン総理世宗(セジョン)庁舎閣僚会議主宰
(世宗(セジョン)=聯合ニュース)チョ・ポヒ記者=チョン・ホンウォン国務総理が13日午前政府世宗(セジョン)庁舎でソウル庁舎と連結された映像国務会議を主宰している。
2013.8.13 jobo@yna.co.kr

閣議’前職大統領子供、警護対象で除外法’処理

(ソウル=聯合ニュース)パク・ソンミン記者=今後公認証明書を発行する公認認証機関指定が許可制から事実上登録制に変わって公認証明書発行市場に競争体制が導入される展望だ。

政府は13日政府世宗(セジョン)庁舎でチョン・ホンウォン国務総理主宰で映像(画像)閣僚会議を開いてこのような内容の’電子署名法’改正案を審議、議決した。
現行法律は公認認証機関申請に対して未来創造科学部長官が判断して指定の有無を決めるようにして今は5個の機関が許可を受けて公認証明書を発行している。

現公認証明書には非標準技術者’アクティブエックス(Active X)’に過度に依存してセキュリティー攻撃に露出することがあるという指摘があって、PCに基盤を置いた技術の他にスマートフォン、スマートTVなどにも適用できる認証手段が必要だという要求も出てきている。

改正案は指定が禁止される場合を除いては原則的に公認認証機関指定を許容する’ネガティブ規制方式’で指定方式を切り替えるにつれ新しい技術に土台を置いた多様な認証手段が登場するものと見られる。

改正案には認証機関が行政機関電算情報資料で証明書加入者の身分変動事項を確認できるようにする内容、インターネット ホームページ運営者が公認証明書停止・廃止の有無をリアルタイムで確認しなくて犯罪悪用などで加入者に損害を負わせた時賠償するようにする内容も含まれた。

この日閣僚会議では運送事業者や輸送従事者が’保険詐欺’で禁固以上の刑が確定される場合、事業許可または、従事資格を取り消す’貨物自動車運輸事業法’改正案と大統領府警護室の警護対象で前職大統領の子供を除く内容の’大統領等の警護に関する法律’施行令改正案も審議、議決された。

また、駐米大韓帝国公使館還収に寄与したパク・ポギュン中央日報論説委員に国民勲章牡丹(モラン)章を授ける栄誉授与案が議決されるなど法律案5件、大統領令案5件、一般案件1件、報告案件1件がそれぞれ審議、議決された。

min22@yna.co.kr

【出典】韓国/聯合ニュース
http://www.yonhapnews.co.kr/economy/2013/08/12/0301000000AKR20130812188651001.HTML

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

1 thought on “【韓国】公認証明書許可制から登録制に転換…競争時代

  1. 公認認証書発行機関が登録制になることで、この市場が再編されれば、公認認証書の使用に変化が生じるのではないか、このことから電子登記の分野にもどのような影響があるのか、韓国の法務士の方も非常に関心が高いようです。

コメントを残す