【韓国】大法院登記システム、最高等級再認証

【韓国】大法院登記システム、最高等級再認証
image_printPrint
【韓国】大法院登記システム、最高等級再認証
【韓国】大法院登記システム、最高等級再認証

[ 2013-08-12]
大法院登記システム、最高等級再認証
CMMIレベル5受けて

我が国登記システムが国際工業である品質認証基準であるCMMI最高等級の再認証を受けた。
1991年米国防省の支援で産業界とカーネギーメロン大が共同開発したCMMI(Capability Maturity Model Integration、能力成熟度モデル)はソフトウェアの品質水準の他にシステムの開発、運営・維持保守などの水準まで客観的で総合的に評価する国際公認指標だ。

そのうちのCMMI最高水準であるレベル5認証は審査対象人5550個の機関のうち6.2%だけ取得するほど難しくて国内でただ6ヶ所に過ぎなくて、再認証を受けたことは今回が初めてだ。

大法院は9日瑞草洞(ソチョドン)大法院庁舎4階会議室でCMMI証明書授与式を開いた。
行事には米カーネギーメロン大のヘンリーシュナイダー(Henry Schneider)ソフトウェア工学研究所選任審査員が参加して証明書を伝達したし、イム・ジョンホン(54・司法研修院16期・写真左側)法院行政処企画調整室長とチャ・ムノ(45・23期)司法登記局長、チェ・チャンヨン(45・24期)電算情報管理局長などが参加した。

イム室長は”現在の成果に安住しないで登記情報システムを一層発展させて国民の財産権保護と取り引き安全に寄与して、大法院が提供するすべての情報システムに対して高品質のサービス水準を維持・向上させられるように努力する”と明らかにした。
登記情報システムは全国約6000万筆地の不動産と160万個の法人などに関する情報を管理・保管していて、1994年から2002年まで従来の紙登記簿合計1億 6000万ページを電算化した以後2007年からは登記申請から登記事項証明書発行まですべての登記業務をインターネットを通じて提供している。

チュァ・ヨンギル記者jyg97@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=77518

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す