【韓国】大法院、成年後見事件にも電子訴訟サービス実施

【韓国】大法院、成年後見事件にも電子訴訟サービス実施
image_printPrint
【韓国】大法院、成年後見事件にも電子訴訟サービス実施
【韓国】大法院、成年後見事件にも電子訴訟サービス実施

[ 2013-07-30 ]
大法院、成年後見事件にも電子訴訟サービス実施

大法院は29日に成年後見事件について、電子訴訟サービスを開始した。
これに伴い、7月1日から新たに施行された成年後見、限定後見、特定後見、任意後見事件について当事者は、インターネットで関連する書類を提出し、電子記録閲覧をすることができるようになった。

郵便でなされた送達も電子メールや携帯電話の文字メッセージでサービスされて個人情報の流出の懸念が減少した。インターネットを介して事件進捗状況をリアルタイムで知ることができるというのもメリットだ。電子訴訟で成年後見事件を進行する者は、電子標準文書提出様式の支援を受け代理権目録も簡単に作成することができる。

個人情報保護のために家事電子訴訟の非公開文書管理システムと電子文書の閲覧制限サービスなども利用が可能である。大法院関係者は、”インターネットをベースに裁判手続きの透明性と利便性を高めた電子訴訟を成年後見事件にも適用することにされて利便性が向上した”とし、”特に、成年後見事件の当事者が公開を敬遠することを考えれば、プライバシーの保護が厚くなったという点で意味がある”と述べた。

大法院は、9月には、仮差押、仮処分等の保全処分訴訟に対して、来年4月には個人再生と自己破産、企業再生、企業倒産事件について、電子訴訟サービスを拡大する方針だ。翌2015年3月には執行と非訟事件にも電子訴訟サービスを実施する予定である。

チュァ・ヨンギル記者 jyg97@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=77189&kind=AA&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す