【韓国】破産法院などの専門法院設置集中的に議論

【韓国】破産裁判所などの専門裁判所設置集中的に議論
image_printPrint
【韓国】破産裁判所などの専門裁判所設置集中的に議論
【韓国】破産裁判所などの専門裁判所設置集中的に議論

[ 2013-07-25 ]
破産法院などの専門法院設置集中的に議論
第2期司法政策諮問委​​員会発足…上告審改編も主要議題に

大法院は来年6月30日まで運営される第2期司法政策諮問委員会を発足し、専門法院設置と上告審改編など司法制度改善方案用意に乗り出した。

司法政策諮問委員会(委員長オヨンチョンソウル大総長)は24日、ソウル瑞草洞大法院庁舎16階ムグンファホールで開会式を開き、専門委員研究班の実務支援団の構成を議論した。

最初に審議する案件では、専門の法院設置案を選定した。法院内部では、これまで法院の専門性を強化するために、現在運営されている特許法院のように破産法院や労働法院など特化した専門法院設置の必要性が提起されてきた。

専門法院の設置方法には、破産法院を新設する案と審決取消訴訟が管轄する特許法院に特許侵害訴訟も同様に引き受けることにした管轄集中の問題も議論されるものと見られる。委員会は上告事件数が非常に多く、大法院が政策法院としての役割をきちんとしていないという指摘が続いているだけに、上告審構造改革にも深みのある議論を進めて改善案を議決する予定だ。

加えて、△成功的な法曹一元化定着△懲罰的損害賠償制度の導入△家庭法院の福祉的·後見的機能強化△裁判官倫理の向上△その他大法院長が付議した案件など、司法分野全般にわたって議論することになる。

この日ヤンスンテ大法院長は、オ委員長を含めてグァクベフイ韓国家庭法律相談所長、ソンジェフイ中小企業中央会常勤副会長、シンヒョンユン法学専門大学院協議会理事長、イベヨンコピーオン総裁、イウンモSBS報道本部長、イジンガン前大韓弁護士協会長ら7人を委員に委嘱した。

左ヨンギル記者 jyg97@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=77063&kind=AA&page=1

(訳者注)
「コピーオン」(COPION)は、海外ボランティア派遣や国際開発協力を担当している非政府組織(NGO)である社団法人。
ホームページは http://www.kopion.or.kr/

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す