【韓国】”無料法律教育通じて後見制度活性化”

image_printPrint

韓国成年後見支援本部定期総会
強い記者strong@lawtimes.co.kr 入力:2019-03-14午前10:25:03

法務士が後見非専門家である親族後見人を対象に無料法律・実務教育を始めることにして被後見人権利保護が強化される展望だ。

法院でない民間後見専門家団体が一般人対象の定期専門教育をすることにしたことは初めてなので、この制度が定着すれば後見監督機関である法院の業務負担緩和にも役に立つものと見られる。

韓国成年後見支援本部(理事長オム・トクス)は去る9日ノンヒョンドン法務士研修院で’2019年度定期総会’を開催してこのような事項を議決した。

法院によれば成年後見人の約80%は被後見人の家族・親戚に該当する親族後見人が選任されている。

非専門家である親族後見人は選任以後後見業務を遂行するのに困難を経験したが、このための専門教育は家庭法院で施行する1回1時間教育が事実上全部。

成年後見専門家のうち一つの軸である法務士は後見制度活性化のために非専門家を対象にした専門家の定期実務教育および常時再教育が必要だと判断した。

“親族後見人対象教育通じて
被後見人福祉増進に寄与”

本部はまず親族後見人の現況とニーズなどを調査した後、早ければ上半期内に教材および教育過程を作ることにした。

下半期に示範教育を経て正規教育過程へと発展させる計画だ。
具体的には△財産調査および財産目録作成法△後見事務報告書作成法などを中心に講義および実習教育が進行される。

専門職後見人を選任しにくい脆弱階層の教育参加率を高める一方法院および関連団体と協力を強化する計画だ。

オム理事長は”事前準備が不足した親族後見人が実際の後見業務過程で法知識と実務経験不足で困難を経験する場合が多いが体系的支援が事実上一度もない”として”親族後見人が後見業務をよく遂行できるように支援することによって被後見人の権益および福祉増進に寄与する”と話した。

一方脆弱階層・発達障害者などのために才能寄付(pro bono)として後見活動をしてきた各地域法務士に授ける’暖かい後見人賞’はパク・ムンソ(光州(クァンジュ)全南(チョンナム)会)法務士に与えられた。

パク法務士は光州(クァンジュ)地域で発達障害者公共後見人として活発に活動して公益および地域社会発展に寄与した功労を認められた。

パク法務士は”黙々と仕事をしてきた光州(クァンジュ)地域後見人に代わって受けた賞”としながら”法律専門家として今後も権益伸長と福祉増進のために各種法律支援を積極的に遂行する”と話した。

施行6年をむかえた成年後見は家庭法院の決定等を通して選任された後見人が障害・病気・高齢などで意思決定能力が不足した成人を対象に財産管理および日常生活関連身上保護を支援する制度だ。

禁治産・限定治産制度が廃止されて2013年7月導入され、被後見人の自己決定権を最大限保障するために過去には親族にだけ限定した後見人選任範囲を弁護士・法務士・社会福祉士など専門家に広げた。

だが、本来の導入趣旨とは違って親族後見人の比率が圧倒的に多くて意思決定能力障害者に対する権利保護が不十分だという指摘が出た。

法務士800人余りが活動中である韓国成年後見支援本部は成年後見人を体系的に養成・管理するために2011年設立された韓国最初の民間成年後見支援機構だ。
専門職成年後見人および後見監督人を養成する一方各法院に後見人として推薦する役割を受け持っている。

専門家後見人を対象に財産調査など実務教育、後見人の権限乱用防止のための倫理教育なども進めてきた。

‘後見人上’にパク・ムンソ法務士

この日定期総会では親族後見人対象教育の他にも△中央本部はスリム化と各地域本部の役割を拡大する内容の組織改編△障害者および老人団体との連帯活動強化△後見信託など教育および研究事業拡大△法人後見事件事務担当者専門性強化事業などが議決された。

パク・ヘヒョン(ソウル中央会)・キム・ソンミン(忠北(チュンブク)会長)法務士が理事に新しく選任され、法人後見事業活性化の基盤を磨き上げた功労を認められたチェ・インス法務士が功労杯を受けた。

オム理事長は”より旺盛な活動により法務士会員と国民から信頼を受ける最高の成年後見専門法人として位置づける”と強調した。

チェ・ヨンスン大韓法務士協会長は”我が国成年後見事業をリードしてきた本部が今後も成年後見事業のリーダーとして公益と革新を実践する法人に発展することを希望する”として”積極的な支援と協力を惜しまない”と話した。

【出典】韓国/法律新聞
https://www.lawtimes.co.kr/Legal-News/Legal-News-View?serial=151475&kind=AE&key=

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す