【韓国】中央地方法院、裁判制度改善実務TFチーム運営

【韓国】中央地方法院、裁判制度改善実務TFチーム運営
image_printPrint
【韓国】中央地方法院、裁判制度改善実務TFチーム運営
【韓国】中央地方法院、裁判制度改善実務TFチーム運営

[ 2013-07-04]
中央地方法院、裁判制度改善実務TFチーム運営
裁判官相手不当提訴対策準備

法院が裁判官と職員、一般人を相手にした不当な訴訟提起が絶えないことに対する対策準備に出た。
ソウル中央地方法院(院長ファン・チャンヒョン)は裁判官などを不当提訴した現況と原因を分析して改善案を用意するために裁判官と職員など6人で構成された’裁判制度改善実務タスクフォース(TF)’を設置して運用中だと2日明らかにした。

チーム長はチョンヒョチェ(49・司法研修院20期)部長判事が引き受けた。
不当訴訟は現在のソウル中央地方法院で23件が進行中だと知らされた。
裁判官と職員を相手にした不当訴訟類型は△裁判官と職員の職務執行と関連した損害賠償請求△不公正な裁判進行で被害を受けたという事例△法院が延期申請を受け入れなくて損害をこうむったという場合△法院職員が調書を変作したと主張するなどだ。
一般人を相手にした不当類型は同じ人に悪意的で繰り返し訴訟を起こした事例などだ。

TFは先月26日から去る1日まで同じ法院民事部(申請部含む)全体裁判官を対象に不当訴訟が提起される原因と対策を尋ねるアンケート調査を実施して現在の返事内容を分析している。
裁判所関係者は”アンケート調査は不当提訴の現況と不当提訴を防ぐための現行制度が活用されることができない原因を分析して改善方案を用意するのに活用される展望”としながら”今月末に最終結果が出るだろう”と話した。

キム・スンモ記者cnckim@lawtimes.co.kr

【出典】韓国/法律新聞
http://www.lawtimes.co.kr/LawNews/News/NewsContents.aspx?serial=76452&kind=AA&page=1

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す