【韓国】司法ネットワーク現況(2018年司法年鑑より)

image_printPrint

韓国2018年司法年鑑から「司法ネットワーク現況」を参考に仮訳しました。
「盆唐センター」は京畿道城南(ソンナム)市にある大法院電算センターです。
http://www.scourt.go.kr/portal/gongbo/PeoplePopupView.work?gubun=31&seqNum=1765

大法院電算センターのPR動画がYOUTUBEにあります。

ビデオナレーションの冒頭部分は次のように言っています。
—–
国民のための最高の司法情報サービス。
21世紀を先導する最先端デジタル情報システム構築。
大法院電算情報センターが先立つ司法システムで、国民に近づく電子法院を具現します。
超一流先進司法情報化の中心。
大法院電算情報センター。

大韓民国司法情報化を越え、世界超一流システムで先立つ大法院電算情報センター。
地下2階から地上5階の超現代式インテリジェンスビルに、司法情報化に必要な核心装備、人力、システムを統合し運営、管理することで全国の法院および登記所の業務を効率的で体系的に支援しています。
—–

一度訪問したいところではあります。

—–ここから「司法ネットワーク現況」

2018年司法年鑑
 第4章 司法行政運営
  第6節 司法業務電算化
   3.司法ネットワーク現況

司法部ネットワークは大きく近距離通信網(LAN:Local Area Network)、広域通信網(WAN:Wide Area Network)およびインターネットサービス ネットワークで構成されている(別表4-41)。

大法院を始めとする各級法院、登記所、盆唐(ブンダン)センター[仮訳者注:「大法院電算情報センター」は京畿道城南市盆唐区にある]、大田(テジョン)センター等それぞれの内部はLANで連結されていて、これら相互間においては双方向WANで連結されている。同様に、インターネットサービスのためにインターネットネットワークが、および行政情報共有のために関連機関ネットワークが構成されていて、外部のセキュリティ脅威からシステムを保護するために侵入遮断システム、DDoS遮断システム、ウェブ ファイアウォール等の多様なセキュリティシステムが構築されている。

以下全文はログイン後にご覧いただけます。

司法ネットワーク現況(2018司法年鑑)20181130

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す