【韓国】第4次産業革命が不動産産業に及ぼす影響と対応方向

image_printPrint

第4次産業革命が不動産産業に及ぼす影響と対応方向
-仕事の変化を中心に-
イ・ヒョンチャン センター長
国土研究院住宅土地研究本部
土地政策研究センター

Ⅰ.序論

物理学、デジタル、生物学の融合により出現してきた人工知能(AI)、ロボット工学、物のインターネット(IoT)、自律走行自動車、3Dプリンティング、ナノ技術、生命工学、材料工学、エネルギー保存技術等は相互間の連係性を持って各分野の成長を増幅、発展させている。このような分野別相互交流と連係は技術的融合を通じて歴史的発展段階の変曲点を発生させていわゆる第4次産業革命時代が到来している。WEF[仮訳者注:世界経済フォーラム/World Economic Forum.URL, http://www.weforum.org/]会長であるクラウス シュバプ(Klaus Schwab)は第4次産業革命が以前の他の産業革命とは‘根本的に次元を異に’することと主張する。
したがって第4次産業革命は産業内、産業間構造を急激に変化させると予想されて世界の主要国家は民間または民間と政府のコンソーシアム、政府主導等の多様な方式で対応策を提示して施行している。

以下全文(日本語仮訳版)はこちらです。
第4次産業革命が不動産産業に及ぼす影響と対応方向

韓国語原文はこちらです。
https://www.kab.co.kr/kab/home/common/download_cnt.jsp?sMenuIdx=036015015000035021&sBoardIdx=045005125001039025126&sFileIdx=045005125001

こちらの記事もどうぞ:

    None Found

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す