【韓国】KEBハナ銀行、大韓法務士協会と業務協約

image_printPrint

KEBハナ銀行、大韓法務士協会と業務協約
登録2018-11-02 17:37:22


【ソウル=ニューシス】チョン・ミンア記者= 2日協約式締結後KEBハナ銀行与信グループ パク・スンオ専務(左側)と大韓法務士協会チェ・ヨンスン会長が記念撮影をしている。2018.11.02.(提供=KEBハナ銀行)mina@newsis.com

【ソウル=ニューシス】チョン・ミンア記者= KEBハナ銀行はソウル、中区(チュング)本店で大韓法務士協会と良質の金融取り引きと法務サービスのための相互業務協約を締結したと2日明らかにした。

今後KEBハナ銀行は不動産担保貸し出し取り引き時に負担する根抵当権設定費用を大法院で認可した’法務士報酬基準’に合わせて支払うことにした。

また、大韓法務士協会会員、職員約3万人はKEBハナ銀行から金融商品と資金運用サービスを提供されることになる。

パク・スンオKEBハナ銀行与信グループ専務は”大韓法務士協会会員、職員との相互協力を通じて公益的金融活動を強化できることになった”と話した。
mina@newsis.com

【出典】韓国/ニューシス
http://www.newsis.com/view/?id=NISX20181102_0000462140&cID=10401&pID=10400

こちらの記事もどうぞ:

image_printPrint

Author: hasegawa

コメントを残す